東海村奨学金を返還している方へ

更新日:2021年04月01日

東海村奨学金の返還開始について

東海村奨学金の返還は,当該学校を卒業した月の1年後から開始となり,最大で10年間で終了となります。

返還開始となる約1ヶ月前に返還開始手続きの書類をお送りしますので,指定の窓口へ提出をお願いいたします。

返還を開始する方に対し,「東海村奨学金返還の手引き」をお渡ししています。この冊子は返還が終了するまで,大切に保管してください。

口座振替について

奨学金の返還は指定された口座からの自動引き落とし(口座振替)で行います。現在指定できる口座は,以下の金融機関の口座に限ります。

  • 常陽銀行
  • 筑波銀行
  • 茨城県信用組合
  • 水戸信用金庫
  • JA常陸
  • 中央労働金庫

口座振替日は毎月25日(金融機関が休日の場合は翌営業日)で,月払い・半年払い・年払いから選択できます。

残高不足等により振替不能となった場合は,指定金融機関の窓口において納付していただくことになるため,ご注意ください。

一括返還や繰上返還を希望される場合

返還期間の途中で,返還残金の全額又は一部を繰り上げて返還することができます。希望する振替日の1ヶ月前までに,繰上返還申込書を学校教育課へ提出してください。

返還猶予について

進学や療養等の特別な理由により,奨学金の返還が著しく困難となった方は,返還猶予を受けることができます。

「返還の手引き」をお読みの上,奨学金返還猶予願に理由の証明書類を添付し,速やかに提出してください。猶予願提出以前に到来した返還分については,猶予対象となりませんので,ご注意ください。

返還猶予理由と添付書類の例
理由 猶予期間 添付書類
進学 在学期間

在学証明書(海外の学校の場合は日本語訳を添付)

疾病 治療期間 診断書
災害 1回の申請あたり最大で1年間 り災証明書
未就職・失業 1回の申請あたり最大で1年間

雇用保険受給資格者証の写し,離職票等,

又は調査票(地区の民生委員による状況調査)

 

新型コロナウイルス感染症の影響で東海村奨学金の返還が困難な方

新型コロナウイルス感染症の影響により,奨学生本人の収入が減少(前年同月比または前月比でおおよそ15%程度)または失業し,東海村奨学金の返還が困難となった方は,最大で1年間の猶予申請が可能ですので,御相談ください。

次のような異動があった際は届け出が必要です

奨学生・連帯保証人の住所・氏名を変更する場合

進学や就職に伴い転居した場合や,氏名に変更が生じた場合は,以下の書類の提出が必要です。

連帯保証人を変更する場合

特別な事情により連帯保証人を変更する場合は,以下の書類を提出ください。

連帯保証人の印は,印鑑登録をしてあるものを使用し,印鑑登録証明書を必ず添付してください。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 学校教育課 企画総務担当

〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話番号:029-282-1711
ファックス:029-282-7944

メールフォームによるお問い合わせ