中央公民館 トップページ

更新日:2020年05月27日

新型コロナウイルス対策について

新型コロナウィルス感染症対策のため,施設の使用方法に関しまして,従来の使用方法を変更し,下記  「村内公共施設利用者の皆様へのお願い」 及び「中央公民館の新型コロナウィルス対策」 のとおりといたします。
十分にご理解の上,適切な使用をお願いいたします。

中央公民館の新型コロナウィルス対策

使用者名簿の作成及び使用者の健康状態の報告

・使用者は事前に体温を測定し、体温及び健康状態について当日の団体内責任者に報告してください。

・当日の団体内責任者は、使用者全員(指導者も含む)の健康状態を把握し、発熱者や具合の悪い方が参加しないように対処してください。

・「施設利用者名簿・健康状況チェック表」をご用意いただき、当日の使用者全員の体温及び健康状態について記録し、施設利用終了までに窓口に提示してください。職員による確認後、返却されたチェック表は団体責任者が4週間保管してください。

感染拡大防止システム『いばらきアマビエちゃん』の登録

いばらきアマビエちゃんロゴマーク

中央公民館は、茨城県が実施する感染拡大防止システム「いばらきアマビエちゃん」の登録施設です。

中央公民館を御利用の際は、お手持ちの携帯電話で、館内各所に張り出されている感染防止対策宣誓書に掲載されたQRコードを読み取り、登録をお願いします。

※感染拡大防止システム「いばらきアマビエちゃん」について、詳しくは茨城県ホームページを御確認ください。

使用前の消毒作業及び使用後の清掃

消毒の様子

・会議室等の施設使用開始時にテーブル、椅子、ホワイトボード、音響機器及びドアノブ等について、お渡しするチェックリストに従って、消毒作業を行ってください。(消毒に使用する道具等は貸出いたします。)

・運動やダンスなど、身体活動を伴う施設使用の場合には、使用前後に床消毒作業を行ってください。(床消毒に使用する道具は、事務室で貸し出しいたします。)

・使用後の清掃作業も含めた使用時間となりますので、予定時刻を過ぎないようご注意ください。

各部屋の利用人数について

ソーシャルディスタンスを保つため、各部屋の定員を変更いたしました。使用可能人数を超えての使用は不可となりますので、あらかじめご了承ください。 

各部屋使用可能人数と設備の一覧

部屋名 使用可能人数 面積 設備

使用料
(1時間当たり)

備考
会議室1 6名 41.48平方メートル ホワイトボード 200円  
会議室2 7名 41.17平方メートル ホワイトボード 200円  
会議室4 10名 60.20平方メートル   280円

スライディングウォールにて、会議室5と仕切られています。取り外して、1つの部屋として利用することができます。

(会議室4・5を仕切りなしで使う場合の定員は25名です)

会議室5 9名 46.61平方メートル プロジェクター
オートスクリーン
音響設備
200円

スライディングウォールにて、会議室4と仕切られています。取り外して、1つの部屋として利用することができます。

(会議室4・5を仕切りなしで使う場合の定員は25名です。)

工作室 6名 33.29平方メートル ホワイトボード 200円  
多目的室1 10名 60.20平方メートル

ピアノ 音響設備

ミラー 防音設備

280円  
多目的室2 8名 45.23平方メートル 音響設備
ミラー
プレイマット
200円  

※移動式のホワイトボード、プロジェクター、スクリーンは別途貸出可能です。

3つの「密」の回避

部屋を換気する様子

間隔を開けましょう

・咳エチケットや手洗いの励行と共に、3つの密「密閉空間」、「密集場所」、「密接場面」の回避を心掛けて行動しましょう。

・公民館入り口で手指の消毒を行ってから入館し、部屋の使用中は、窓や扉を開けるほか、少なくとも1時間に1回5分程度の換気を行ってください。

・2m程度の間隔を開けて着席し、間近で会話や発声をするような密接状態を避けてください。

・使用時間の15分以上前からの施設内での待機は御遠慮ください。

東海村中央公民館はどんな施設?

中央公民館は、生涯学習の場として各種講座の開催や、ボランティア活動等を行うことができる会議室4部屋、多目的室2部屋、工作室などを備えた施設です。
なお、施設の利用には一定の制限がありますので、ご注意ください。

窓に「ようこそ中央公民館へ」と大きな文字で貼られた紙が目を引く中央公民館入り口の外観正面玄関の写真

正面玄関

窓に「ようこそ中央公民館へ」と大きな文字で紙が貼られた中央公民館の内側、テーブルや椅子、ソファが並ぶゆったりとしたロビーに自主活動グループの紹介コーナーが設けられ、この日の展示物がたくさん掲示されている写真

ロビー

2面の窓から光が入る会議室。ホワイトボードに向かって3人掛けの長机が8台、それぞれに椅子が並べられた無人の会議室を前方から斜め後方に向かって写した写真

会議室1

大きな窓から光が入る工作室。3台の大きな工作テーブルの下に、それぞれ腰掛けが4台収納されている無人の工作室を窓の方に向かって写した写真

工作室

2面の窓から光が入る、大きな壁面の鏡の多目的室。鏡はカーテンを閉めて映り込みの無いようにして使用することもできる。広々とした無人の多目的室の写真。

多目的室1

開館時間

清掃・消毒作業後に施設貸出とするため、当面の間、開館時間を以下のとおりとします。

【火曜日~土曜日】 9:00~21:30 (施設貸出は9:30~21:00)

【日曜日・祝 日】 9:00~17:15 (施設貸出は9:30~17:00)

※1 月曜日は休館となります。

※2 月曜日が祝日となる場合には開館となり、翌日以降の最初の休日ではない日が振替休館となります。

※3 年末年始(12/28~1/3)は休館となります。

※4 その他、臨時に休館し、又は変更することがあります。

利用方法

1. 中央公民館の施設(会議室等)を借りるには、「団体登録」が必要です。(個人での使用はできません。)詳細は下記「団体登録」を御参照ください。

2. 使用希望日の2カ月前から予約が可能です。詳細は下記「予約方法」を御参照ください。

※2カ月前が休館日に当たる場合には、翌開館日の予約開始時間から予約可能です。

3. 予約後、中央公民館窓口で、使用許可申請書を提出すると、使用許可書を発行されます。

4. 使用日当日、使用許可書を持参の上、中央公民館窓口で施設使用セット(部屋鍵、清掃・消毒用具、点検表、ボールペン、ホワイトボードマーカー、懐中電灯)を受け取り、施設の使用を開始してください。

5. 施設使用終了までに、当日の施設使用者全員の体温及び健康状態をチェックし、「施設利用者名簿・健康状態チェック表」に記入のうえ、中央公民館窓口で職員による記録確認を受けてください。

※施設利用者名簿・健康状態チェック表は団体責任者が使用日から4週間保管していただきますようお願いします。

6. 使用申請時間内に清掃・消毒を終了させ、点検表を確認のうえ施設を現状復帰させてください。

7. 施設使用セットを中央公民館窓口へ返却し、終了となります。

団体登録

公民館施設を利用するには、年度毎の団体登録が必要です。登録内容により使用可否についての審査を行います。下記必要書類を中央公民館窓口へ提出してください。

【登録可能団体】

・3人以上が所属する

・原則として東海村在住または在勤

・教育、文化、福祉を目的として活動する

【必要書類】

・中央公民館利用者登録申請書

・団体規約(会則 等)※任意様式可

・団体名簿(会員の居住地市町村が判別可能であるもの)※任意様式可

※なお、新型コロナウィルス対策により各部屋の定員を削減している影響で、使用予約が逼迫しているため、新規の団体登録を見合わせております。あらかじめご了承ください。

予約方法

中央公民館に施設使用予約は、使用希望日の2カ月前(2カ月前が休館の場合は翌開館日)から可能です。電話又は窓口で下記必要事項をお伝えください。

【必要事項】

・団体名 ・使用希望日時 ・使用予定人数 ・使用希望部屋名

なお、予約時間につきましては下記のとおりとなります。予約媒体によって開始時間が異なりますので御注意ください。

1. 電話 (予約開始時間 AM9:00~)

2. 中央公民館窓口へ来館 (予約開始時間 AM8:45~)

※1 予約開始時間(AM8:45)より前の来館は及び待機はお控えいただきますようお願いいたします。

※2 県や村の行事等により、予約不可となる場合がございます。

施設貸出の空き状況について

中央公民館では、施設貸出の空き状況を「いばらき公共施設予約システム」に掲載しています。

予約については、電話又は窓口のみとなりますので御注意ください。

※いばらき公共施設予約システムに掲載される予約状況は、更新に時間を要するため、電話や窓口での予約状況とずれが生じる場合がありますので、ご了承ください。

いばらき公共予約システムについて、詳しくは『茨城県ホームページ/いばらき公共施設予約システムを使ってみよう』を御覧ください。

公民館利用上の注意

  1. 公民館は営利目的とする事業や特定の政党・宗教の支持・利害に関することには使用できません。
  2. 次のような場合も公民館は使用できません。
    また、使用の許可を受けた後でも、次のいずれかに該当するときは使用の許可を取り消し、又は使用を中止していただきます。
    1. 公安若しくは公益を害し、又は善良な風俗を乱すおそれがあると認められるとき。
    2. 公民館の施設又はその附属設備を損壊し、又は減失するおそれがあると認められるとき。
    3. 集団的に、又は常習的に暴力的不法行為を行う恐れがある組織の利益になると認められるとき。
    4. 虚偽その他不正な手段により使用の許可を受けたとき。
    5. 前4号に揚げるもののほか、公民館の管理上支障があると認められるとき。
  3. 使用者は、許可を受けた目的以外に使用したり、申請内容を書き換えたり、使用の権利を譲渡転貸できません。

案内マップ

中央公民館講座

中央公民館では,東海村の生涯学習の場として,趣味・教養・社会生活・運動等,様々な分野の講座を開催しています。中央公民館で学びを深めてみませんか?

書道講座の様子まるはくゼミ植物講座の様子浴衣の着付け講座の様子ヨガ講座の様子

 

 

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 生涯学習課 生涯学習担当(中央公民館内)

〒319-1115 茨城県那珂郡東海村船場768番地15
電話番号:029-282-3329
ファックス:029-282-7813

メールフォームによるお問い合わせ