新築・建替えしたときは

更新日:2022年06月03日

住居表示実施区域に建物を建てたときには届出が必要です。

この届出は、住居表示実施区域内に新築(建替えを含む)などした場合に、その建物に対して住居番号を設定するための届出です。
住居番号は新しい住所として使うための番号で、この番号が決まらないと住民登録(転入・転居等)の手続きをすることができません。
また、建替えの場合でも、出入口の位置が変わっている場合には住居番号(住所)が変わることがありますので、必ず届出書の提出をお願いします。

届出をする時期

新築、建替えされた建物の出入口が外部から確認できる状態になったとき。

届出をする人

建築主のほか,建築業者、行政書士、不動産業者など代理の方も可能です。

届出に必要な書類(新築の場合)

1 住居表示に係る建物新築届出書(様式第2号)

2 建築確認済証と確認申請書(第一面・第二面)の写し

3 案内図(建物の場所を示す図面)

4 配置図(主な出入口と道路の位置関係が分かる図面)

5 平面図(建物の大きさ、玄関の位置が分かる図面)

6 立面図(建物の外観が分かる図面)

住居番号決定までの期間

▼建築場所の現地調査を行い,概ね一週間程度で決定いたします。

▼住居番号決定次第、「街区符号及び住居番号設定・変更・廃止通知書」と「住居番号表示板」をお渡しします。

住居番号表示板の設置場所

門柱または玄関の概ね1.6メートルの高さの,歩行者から見やすい場所に取り付けてください。

住居番号表示板の仕様

▼縦60ミリメートル、横120ミリメートルの寸法で、横の表記を原則としています。

▼表示に使用する数字はアラビア数字とし、書体はユニバース・メディウム、色彩は2色構成で地色は青緑色、文字及び数字は白抜きです。

このページに関するお問い合わせ先

村民生活部 住民課 住民担当

〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話番号:029-282-1711
ファックス:029-287-7033

メールフォームによるお問い合わせ