楽しく子育てできる場所
東海村でつくる 私たち家族の物語

Good Childcare毎日の暮らしが
安心包まれる

育児のことや、経済面のこと…
子育て中のパパ・ママは悩むこともしばしば。
東海村では、独自のサポートで
“子育てをもっと楽しく!”を応援しています!

  • 子育て環境
  • 教育
  • 出産・育児

妊娠・出産、医療費も安心のサポート!
妊産婦や中学3年生までの
お子さんの医療費が実質無料!

対象者(妊産婦や中学3年生までのお子さん)は、県の制度である医療福祉費支給制度「マル福」のほか村独自の制度である「マル特」が適用され、医療費の助成が受けられます(保険適用外は対象外)。
「マル特」では、所得制限がなく、全ての対象者が該当となるため、「マル福」では助成の対象とならない入院時の食事代や自己負担金も助成されます。また、妊産婦については、産婦人科以外の医療機関の医療費も助成しています。

共働き世帯の強い味方!
保育所・学童クラブなども充実!

村内には、未就学児を預かる保育所(園)・認定こども園が9か所、小学1~6年生を預かる学童クラブが10か所あります。
共働きのパパ・ママが、お子さんを安心して預けて働けるよう、お子さんが保育先で安心して過ごせる環境を整えています。

毎日どこかで開催中!
育児支援・サークル活動

読み聞かせやリズム体操等を行う保育所等主催の子育て支援事業に加え、ベビーマッサージやヨガなど、子育てサークルも多く、親同士の情報交換や、保育士に子育ての悩みなどを相談できる機会にもなっています。また、保健センターでは月1回、母子健康相談を行っています。

近くにあるから安心!
小児科のある病院

村内には、小児科を備える病院が4か所あります。新生児から中学生までの診療に対応しており、入院が必要な場合等は、近隣の総合病院とも連携しています。予防接種や乳児健診等も行っており、何でも相談できる身近な病院として、パパやママをサポートします。

放課後の学童クラブは
小学6年生までOK!

村内10か所の学童クラブでは、小学1~6年生の児童を受け入れており、平日や長期休暇のほか、学童クラブによっては土曜日・祝日の利用も可能。お祭りやお楽しみ会など、さまざまなイベントも行っています。

子育てに関する情報はここで!
「のびのび子育て帳」

妊娠・出産・子育てに関する情報を総合的に提供する子育て応援ポータルサイト・アプリ「のびのび子育て帳」。保育所(園)に関することから、予防接種、各種手当、子育てサークルや、子どもと参加できる日々の催しまで、子育てに役立つ情報を掲載しています。

数字で見る“東海村の住み心地”

  • 村の子育て環境・支援への満足度 満足と回答村民全体の約86%
  • 合計特殊出生率(1人の女性が一生に生む子どもの平均数) 県内第2位
  • 15歳未満の人口割合 県内第1位

※1 「東海村『子ども・子育て支援事業計画』策定のためのアンケート調査」(平成26年3月)

※2 「茨城県社会生活統計調査」(平成28年5月)

東海村で過ごしてみて分かったこと

子育ての悩みを分かち合える
ママ友に出会えるまち

主婦(村内在住)佐藤泰葉さん

1歳10か月と3か月の子どもがいます。東海村は、出産後でも上の子どもを預けることのできる施設があるのでとても助かります。また、1人目の子育てのときは、児童センターや百塚保育所の園庭開放等、いろいろな子育て支援サービスを利用しました。村内には子育てサークルが多ので、私も保育所が主催するサークルに通っていました。そこでは気の合うママ友との出会いがあり、子育ての悩みを打ち明け合って、一緒に楽しく子育てをすることができました。私は子どもをのびのびと育て、やりたいことに何でも挑戦させてあげたいと思っています。東海村は教育環境が充実していて、子どもたちの可能性が広がる場所だと思います。