このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き消費生活センター> 食品ロス削減の日

食品ロス削減の日

10月30日は食品ロス削減の日です

「食品ロス」とは,食べられるのに捨てられてしまう食品のことです。家庭だけでなく,スーパーや外食店等からも食品ロスは発生しています。安全で快適な暮らしが求められる一方で,消費者への行き過ぎた配慮が食品ロスを増やすこともあり,食品ロスの削減には消費者の理解が大切です。

 食品ロスの現状

日本の食品ロス量は年間646万トン超。毎日大型(10トン)トラック1,770台分を廃棄していることになります。この量は世界で飢えに苦しむ人々への年間食糧援助量の約2倍に匹敵します。

 知っておきたい消費期限と賞味期限~違いを知って無駄をなくしましょう~

消費期限とは,安全に食べられる期限のことで,劣化が早いものに設定されています。期限を過ぎたら食べないほうがいいでしょう。
賞味期限とは,品質が変わらずにおいしく食べられる期限のこと。この期限が過ぎても色やにおい,味などをチェックして異常がなければ,まだ食べることができます。
※一度開封した食品は,期限表示にかかわらず早めに食べましょう。

消費期限と賞味期限のイメージ

みんなで減らそう食品ロス!

1 食材は必要な時に必要な分だけ買おう!
2 買った食材は使い切ろう!
3 外食では食べきれる量を注文しよう!
4 食事はおいしく、残さず、食べきろう!

それでも残った食品を生かす方法 ~知っていますか?フードバンク~

 村では,フードバンク「きずなBOX」を設置し,皆様から寄付していただいた食品を支援の必要な世帯や施設へ提供しています。 
詳しくは: 東海村フードバンク地域連携推進事業
      http://www.vill.tokai.ibaraki.jp/viewer/info.html?id=6496

掲載日 令和1年10月30日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
福祉部 福祉総務課
住所:
〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)