このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き防災・原子力安全防災対策> 「東海村原子力安全フォーラム」を開催します。

「東海村原子力安全フォーラム」を開催します。

東海村では,令和元年9月7日に「東海村原子力安全フォーラム( JCO臨界事故を教訓として,ともに考える)」を開催します。

1 趣旨

東海村にとって,未曾有の大きな災難であったJCO臨界事故から早20年が経過しようとしている。また,8年前の福島第一原子力発電所事故の影響は本村にも及び,被災地では今も懸命の復旧・復興活動が続けられている。しかしながら,原子力事業所・施設での事故等は繰り返される状況にあり,原子力利用における安全最優先の精神と,数々の取り組みや努力は,令和元年の今日となっても,国民の理解および信頼を得るまでには至っていない。
これらの現状を踏まえ,世界有数の原子力研究開発施設が集積する地域的特徴を有している東海村としては,原子力分野の関係機関・関係者等が一堂に会し,貴重な知見・情報等に接し考えることを通して,安全文化の醸成と防災思想の徹底を発信し,将来にしっかりと教訓を引き継ぐことで,原子力においては“安全が何よりも優先する”という原点を一層深く浸透・追求していくこととする。
 

2 日時

令和元年9月7日(土曜日)午後1時~4時30分(受け付け開始・開場:正午)
 

3 会場

東海文化センター(ホール)
・駐車場:JAEA本部駐車場(東海駅東口徒歩6分,会場までシャトルバス運行)
※東海文化センター前駐車場の一部は,来賓用として使用するため,駐車台数に限りあり。
 

4 出席者数(最大)

・一般参加者500人(事前申し込み制。残席がある場合,申し込みがない方の入場も可。)
・来賓・関係者300人
※申し込み方法については「広報とうかい」8/10号をご覧ください。
 

5 開催形式

講演会形式
 

6 講師(演題未定)

(1) 村上 達也 氏(前東海村長)
(2) 田中 俊一 氏(飯舘村復興アドバイザー/前原子力規制委員会委員長)
(3) 福嶋 浩彦 氏(中央学院大学教授/元消費者庁長官/元我孫子市長)
(4) 桐嶋 健二 氏(株式会社ジェー・シー・オー代表取締役社長)
 

7 内容(予定)

(1) 開会
(2) 事故概要映写
(3) 村長・来賓あいさつ
(4) 講演
(5) 閉会※閉会後に村長による報道機関取材対応を予定。
 

掲載日 令和1年7月25日 更新日 令和1年8月7日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
村民生活部 防災原子力安全課
住所:
〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)