このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

カテゴリー

トップくらし・手続き年金> 国民年金の支払いが難しい時

国民年金の支払いが難しい時

国民年金の支払いが難しいとき

学生納付特例制度

学生の方には、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。 本人の所得が一定以下(注1)の学生(注2)が対象となります。なお、家族の方の所得の多寡は問いません。
(注1)本年度の所得基準(申請者本人のみ)
118万円+扶養親族等の数×38万円+社会保険料控除等
(注2)学生とは、大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、特別支援学校、専修学校及び各種学校、一部の海外大学の日本分校に在学する方で 夜間・定時制課程や通信課程の方も含まれます。
<手続きに必要なもの>
・窓口に来られる方の身分証明証
・年金手帳
・在学期間がわかる在学証明書(原本)または学生証(裏面に有効期限、学年、入学年月日の記載がある場合は裏面も含む)の写し
・ 印鑑(本人が記入する場合不要)
・委任状(別世帯の方が手続きをする場合)

保険料免除制度・納付猶予制度

保険料免除制度

所得が少なく本人・世帯主・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合や失業した場合など、国民年金保険料を納めることが経済的に困難な場合は、ご本人から申請書を提出いただき、申請後に承認されると保険料の納付が免除になります。
免除される額は、「全額」、「4分の3」、「半額」、「4分の1」の4種類があります。
<手続きに必要なもの>
・窓口に来られる方の身分証明証
・ 年金手帳
・ 印鑑(スタンプ式以外。本人が記入する場合は不要)
・委任状(別世帯の方が手続きをする場合)

納付猶予制度

20歳から50歳未満の方で、本人・配偶者の前年所得(1月から6月までに申請される場合は前々年所得)が一定額以下の場合には、ご本人から申請書を提出いただき、申請後に承認されると保険料の納付が猶予されます。
<手続きに必要なもの>
・窓口に来られる方の身分証明証
・ 年金手帳
・ 印鑑(スタンプ式以外。本人が記入する場合は不要)
・委任状(別世帯の方が手続きをする場合)

関連情報

水戸北年金事務所 029-231-2283(音声案内が流れます。)
予約相談 0570-05-4890
年金ダイヤル0570-05-1165(050で始まる番号でおかけになる場合は03-6700-1165)

国民年金加入者ダイヤル 0570-003-004(050で始まる番号でおかけになる場合は03-6630-2525)


掲載日 平成31年1月21日 更新日 平成31年3月15日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
福祉部 住民課 保険年金担当
住所:
〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)