このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

カテゴリー

トップ健康・福祉障がい者支援> 知っていますか?「障害者虐待防止法」

知っていますか?「障害者虐待防止法」

平成24年10月1日,障害者虐待防止法(障害者虐待の防止,障害者の養護者に対する支援等に関する法律)が施行されました。

法の要点

  • 障がい者に対する虐待は,障がい者の尊厳を害するものです。
  • 障がい者に対する虐待に気が付いた者は,市町村等の窓口に通報する義務があります。
  • 障がい者虐待と思われる事柄を見聞きしたら,速やかに「障がい福祉課(なごみ東海村総合支援センター)」へご連絡ください。
  • 【注意】見て見ぬふりは,虐待をしていることと同じです。

障がい者とは

  • 身体障がい者
  • 知的障がい者
  • 精神障がい者(発達障がい者を含む)
  • その他,心身の障がいにより日常生活や社会生活が困難な者
  • 【注意】障がい児(18歳未満の者)や障がい者手帳を取得していない場合も対象に含まれます。

障がい者虐待の加害者

  • 養護者
障がい者の身の回りの世話や介助,金銭管理などを行っている家族や親族,同居人等
  • 障がい者福祉施設従事者
障がい者が利用している施設等で働く職員等
  • 使用者
障がい者を雇用している会社等の事業主

障がい者虐待の行為

  • 身体的虐待の例
例)平手打ちをする,殴る,蹴る,叩きつける,縛り上げる,閉じ込める。
  • 性的虐待の例
例)性交,性器への接触,裸にする,キスをする,わいせつな話をする,わいせつな映像を見せる。
  • 心理的虐待の例
例)怒鳴る,ののしる,悪口を言う,仲間外れにする,子ども扱いをする,無視する。
  • 放棄や放任の例
例)食事や水分を十分に与えない,あまり入浴させない,必要なサービス・医療・教育を受けさせない。
  • 経済的虐待の例
例)年金などを渡さない,勝手に財産や貯金を使う,必要な金銭を与えない。

障がい者への虐待の特徴

  • 虐待を加えている人は,虐待行為の認識を持っていない場合があります。
  • 虐待を受けている人は,虐待状況を伝えることができない場合があります。

こんな様子はありませんか?

  • 以下のチェック項目は,虐待の小さな兆候を見逃さないための要点です。
□体に小さな傷がしばしば見られる
□回復状態が異なる傷やあざがある
□手のひらなどにやけどや,やけどの痕がある
□急におびえたり,怖がったりする
□自分で自分の頭をたたく
□傷ややけどを負った理由が変化する
□人の体を触るようになる
□人目を避けたがる
□かみつくなど,攻撃的な態度が見られる
□わめく,泣く,叫ぶなどパニックを起こす
□食欲の変化が激しい
□投げやりな様子になる,表情が乏しい
□頭や爪,皮膚などが不潔になる
□部屋から異臭がする,ごみを放置している
□ずっと同じ服を着ている
□ひどくおなかがすいている様子が見られる
□学校や職場に出てこない
□お金を使っている様子が見られない
□生活費の支払いができていない

障がい者虐待に関する相談・連絡先

  • 茨城県
  • 東海村
障がい福祉課(なごみ東海村総合支援センター)
  • その他

参考資料

参考ホームページ


掲載日 平成30年7月4日 更新日 平成30年7月9日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
福祉部 障がい福祉課(なごみ東海村総合支援センター)
住所:
〒319-1118 茨城県那珂郡東海村舟石川駅東三丁目9番33号
電話:
029-287-2525
FAX:
029-282-3538
Mail:
(メールフォームが開きます)