このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

カテゴリー

トップ村民活動・文化・スポーツ生涯学習> (仮称)歴史と未来の交流館建設事業

(仮称)歴史と未来の交流館建設事業

★★★★★最新情報★★★★★

◎令和元年7月

(仮称)歴史と未来の交流館建設工事に向けて,秋山・河野特定建設工事共同企業体主催で安全祈願祭が執り行われました。
 pdf◆安全祈願祭(pdf 653 KB)

整備の目的

 村では,ふるさと東海村の歴史や文化を発信する拠点として,子どもたちの体験や遊びを通した活動拠点として,幅広い世代が交流し郷土愛を育み,賑わいをつくる生涯学習施設「(仮称)歴史と未来の交流館」(以下,「交流館」とする。)の整備を進めております。
 これまで4度にわたって資料館整備構想や計画策定などの取り組みを進めてきましたが,各々諸般の事情により断念せざるを得ませんでした。しかし,鳥瞰施設の必要性そのものが消えてしまったわけではなく,「郷土の歴史を知り・守り・伝える」拠点の整備は重要な課題でした。また,旧中央公民館の老朽化により青少年育成の拠点施設の確保も喫緊の課題となっていたことから,文教エリアの一角に歴史を守り伝える機能と青少年の活動拠点機能に特化した交流館を整備することといたしました。
 交流館では,村の歴史や文化財を「伝承,収集,保存,展示」し次世代に繋げ,未来を担う子どもたちが「観る,触れる,学ぶ,好奇心をはぐくむ」といったさまざまな体験活動を行いながら自主性や自立心,郷土への愛着心を育み,また,あらゆる世代が集い,交流できる「ひとづくり・まちづくり」の活力と賑わいを創出します。
 
 ※これまでの経過についてはこちらをご覧ください。
 

基本理念

 新たな施設は,“東海村の歴史や文化財を「伝承,収集,保存,展示」”し,次世代に繋げ,“未来を担う子どもたちが「観る,触れる,学ぶ,好奇心をはぐくむ」”などの様々な体験機能を有機的に活用多目的室活動し,“自然と環境を活かし,さまざまな世代が「憩い,交流し,情報発信し,新たなコミュニティが生まれる」”場とします。
 そして,村内に点在する公共施設等とも緊密に連関し,“施設どうしの連携を積極的に図り,「人が集い,繋がる」生涯学習の拠点”を目指します。
 このような基本的な考え方や役割を踏まえ,基本理念を次のとおりとします。
 
(1)村の歴史・文化財・自然を受け継ぎ,調査・保護・活用・学習ができる
  ・郷土の歴史や文化財を継承し,様々な学習に生かせる場
(2)未来を担う子どもたちが,学び・体験・チャレンジができる
  ・子どもたちや大人たちが能動的に関わり,創作活動・体験などの活動が
    できる場土器づくり
  ・学校教育では実践しにくい教育の機会を提供するとともに,多くの住民
        が関わり「共育」できる場
(3)自然と環境を活かし,憩い・交流・情報発信ができる
  ・村民が気軽に訪れ,交流し,新たな発見やコミュニティが生まれる場
(4)村内の公共施設との融合を図り,人が集う
  ・村内に点在する公共施設や歴史・文化資産を繋ぐネットワークの中心と
        なる場
 
 ※詳細については,pdf『(仮称)歴史と未来の交流館整備基本計画』(pdf 835 KB)をご覧ください。
   

基本設計 ※平成29年5月完了

 交流館の整備に向けて,「(仮称)歴史と未来の交流館整備基本計画・実施計画」に基づき,基本設計(配置・平面・展示計画など,建設の基本的な事項をまとめる設計)を進めてきました。
 基本設計の作成に当たっては,皆さんからのご意見等を参考にしながら,歴史と未来の交流館 内観 建物面積の削減や外観デザインの変更,より多くの人が利用しやすいようにユニバーサルデザインなどにも配慮しました。
 その基本設計がまとまりましたので,以下の「基本設計【概略版】」で概要をご覧ください。
 pdf◆基本設計【概略版】(pdf 2.42 MB)
        
 

実施設計 ※平成31年3月完了

 平成30年1月から(仮称)歴史と未来の交流館実施設計に取り掛かり,交流機能の拡充に伴う基本設計の一部見直しを行いながら,より多くの活動や交流が促進され,村民のみなさんが活用しやすい施設になるよう,詳細な設計を進めてまいりました。多目的スペースこの度,その実施設計がまとまりましたので,以下の「実施設計【概要版】」でご覧ください。
 なお,維持管理費については,現時点で実施設計において定めた設備・仕様等をもとに,光熱水費,委託料,使用料及び賃借料などの合計として約3,140万円と試算しております。
pdf◆実施設計【概要版】-①(pdf 2.25 MB)
pdf◆実施設計【概要版】-②(pdf 16.21 MB)
pdf◆【参考資料】(仮称)歴史と未来の交流館の進捗状況及び費用について(pdf 142 KB)
   ◆完成イメージ動画:https://youtu.be/ktzNuDaLPcE
 

造成工事 ※平成31年3月完了

 平成33年7月の開館を目指して,11月から「(仮称)歴史と未来の交流館」建設用地の造成工事を進めています。
 工事の進捗状況については,以下の「工事の進捗状況」や「定点撮影」をご覧下さい。

【工事概要】                           看板(2枚)
 工期:平成30年11月上旬~平成31年3月中旬(予定)
 作業時間:8時30分~17時(予定)
 

◎工事の進捗状況
 pdf◆平成30年11月5日~7日(pdf 399 KB)    pdf◆平成30年11月14日~19日(pdf 1.72 MB)  
 pdf◆平成30年11月20日~24日(pdf 786 KB)  pdf◆平成30年11月26日~30日(pdf 797 KB)
 pdf◆平成30年12月3日~14日(pdf 721 KB)    pdf◆平成30年12月17日~25日(pdf 538 KB)
 pdf◆平成31年1月7日~18日(pdf 546 KB)      pdf◆平成31年1月24日~2月7日(pdf 300 KB)
 pdf◆平成31年3月15日(pdf 153 KB)

◎定点撮影                                                                                                                                                                                                           (再)歴史と未来地図(定点カメラ)                              
 敷地状況の変化を周囲4か所から写真撮影しています。  
 pdf◆定点①(pdf 597 KB)          
 pdf◆定点②(pdf 481 KB)
 pdf◆定点③(pdf 686 KB)
 pdf◆定点④(pdf 654 KB)                      



※東海文化センター屋上から撮影(平成30年12月27日現在)
DSCN0733   12/27-2
                     Before                                          After

※旧中央公民館屋上から撮影(平成31年2月7日現在)
平成30年10月25日   平成31年2月7日
                  Before                                                     After

開館後の交流館での活動について

 現在平成33年7月の開館を目指し整備を進めているところですが,開館後は村の歴史や自然の遺物などを展示するというだけでなく,さまざまな体験や活動の場にもなります。

【活動イメージ】
かご体験フィールドワーク塩焚き体験基本展示アイレベル風力
  〈民具体験〉  〈まるごと博物館活動〉  〈塩作り体験〉    〈展示見学〉   〈科学実験〉


 村では交流館での展開を見据え,先行して平成29年度よりとうかいまるごと博物館(通称:まるはく)事業を行っており,また,平成30年度からは歴史と未来の交流館研究員(通称:まるはく研究員)養成講座を開催しています。機会がありましたらどんどん参加してみて下さい!
 

インフォメーション

◎令和元年7月21日『ツリークライミング体験会を行いました!』
  交流館敷地内にあるシンボルツリーのコナラの木で,エンジョイサマースクールの講座としてツリークライミング体験会を行いました。
 東海村では初開催となったツリークライミングでしたが,当日は曇り空で肌寒い天候となりました。しかし幸いなことに雨に見舞われることはなく,32人全員が無事クライミングに挑戦することが出来ました。
 pdf◆ツリークライミング(pdf 949 KB)

◎令和元年7月『交流館建設用地の木々が青々としてきました!』
  交流館建設がまもなく着工となります。敷地内の木々もたくさんの葉をつけて力強く伸びており,樹木医
さんによる樹木のモニタリング調査を行いました。これらも元気に育っていくように木々の状態をしっかりと確認していきたいと思います。
 pdf◆令和元年7月10日敷地内の様子(pdf 2.22 MB)

◎令和元年6月『(仮称)歴史と未来の交流館整備推進に係る付帯決議への対応について,文教厚生委員会に説明しました!』
 3月議会において,(仮称)歴史と未来の交流館建設事業に係る建設工事(建築工事及び外構工事,電気設備工事,機械設備工事)と展示制作業務委託を含む,当初予算が審議・可決されました。
 一方で,本村にとって有益な施設整備が行われるよう,村議会議員から「付帯決議」が提出され,賛成多数で決議されました。その内容は,「引き続き,幅広く村民から理解を得るよう努めること」,「多くの村民が参画し得る仕掛けを構築すること」,「備品選定や管理運営計画策定に際し,維持管理費を含めたコスト縮減に努めること」を求める内容です。
 村では,この付帯決議を真摯に受け止め,取り組みを進めていきますが,取り組みにあたり6月3日に教育委員会を所管している議会文教厚生委員会へ説明しました。
pdf◆(仮称)歴史と未来の交流館整備推進に係る付帯決議への対応について(pdf 182 KB)

◎令和元年5月『実施設計ダイジェスト版リーフレットを作成しました!』
 平成31年3月にまとまった実施設計を住民の皆さんにより分かりやすく知っていただくために,実施設計
 のダイジェスト版リーフレットを作成しました。役場1階受付横のほかに村内各施設にも設置しましたの
 で,ぜひお手に取ってご覧ください。
 なお,現在村立図書館に(仮称)歴史と未来の交流館の建物の模型を展示しています。来館の際にはぜひ
 ご覧になってください。
 ◆リーフレット設置個所一覧
 IMG_5874 IMG_5881 2019年5月30日交流館チラシ(公民館)
      村立図書館         青少年センター          中央公民館   
 【その他】
   ・東海村役場1階 ・東海駅  ・総合福祉センター「絆」  ・総合体育館  ・文化センター
   ・各コミュニティセンター ・アイヴィル ・げんでんテラパーク
  pdf◆(仮称)歴史と未来の交流館リーフレット(pdf 2.32 MB)

◎平成31年4月『交流館建設用地の木々が春めいてきました!』

 山桜がきれいに咲きほころんだり新緑がさわやかに色づいたりと,春を感じられる状態となっています。

 天気の良い日には,ぜひお散歩コースの一つに加えてゆっくりと観察してみて下さい。
  pdf◆平成31年4月18日敷地内の様子(pdf 444 KB)

 
◎平成31年3月『交流館建設用地に設置した看板の内容をリニューアルしました!』

   実施設計がまとまったので最新の情報を掲載します。
 交流館の新しいイメージイラストが出来たので,それをぜひご覧ください。今まで以上に完成後の想像が
 出来るかと思います。  
交差点側縦
 交差点側展示部分     東海高校側縦
           交差点側                    東海高校側
jpg◆掲示物1(アイレベル)(jpg 217 KB)  jpg◆掲示物2(内観)(jpg 192 KB)
jpg◆掲示物3(鳥瞰図)(jpg 165 KB)    
jpg◆掲示物4(基本展示室1)(jpg 168 KB) 
jpg◆掲示物5(基本展示室2)(jpg 181 KB   pdf◆掲示物6(交流館活動イメージ)(pdf 461 KB)  
pdf◆掲示物7(平面図)(pdf 1.70 MB)    pdf◆掲示物8(交流館イメージ模型)(pdf 1.52 MB) 

◎平成31年3月『議会全員協議会で報告しました!』
 昨年1月から取り掛かっている(仮称)歴史と未来の交流館の実施設計がまとまりましたので,建築及び
 展示の内容と建設関連経費として工事監理や備品購入費などをご説明しました。併せて現時点での光熱水
 費,委託料などの維持管理費についてもご報告しました。
  pdf◆【資料①】(仮称)歴史と未来の交流館の進捗状況及び費用について(pdf 163 KB)
  pdf◆【資料②-1】実施設計概要版(pdf 19.41 MB)
  pdf◆【資料②ー2】実施設計概要版(pdf 16.21 MB)
  pdf◆【資料③】事業スケジュールについて(開館に向けたロードマップ)(pdf 136 KB)
 
◎平成30年12月『交流館建設用地に看板を設置しました!』
 造成工事が進む中,みなさんにもっと交流館を身近に感じてもらえるように交流館建設用地の周囲2か所
 に看板を設置しました。通勤通学時,または図書館などにお越しの際にはぜひご覧になってみて下さい。

看板(交差点側21日) (7)看板(東海高校側21日) (6)看板(東海高校側21日) (3)
  pdf◆掲示物1(交流館活動イメージ)(pdf 461 KB)
  pdf◆掲示物2(広報とうかい7月10日号)(pdf 1.51 MB)
  pdf◆掲示物3(交流館イメージ模型)(pdf 1.52 MB)

◎平成30年6月『議会全員協議会で報告しました!』
 昨年12月の議会全員協議会でご報告した「(仮称)歴史と未来の交流館整備に係るこれまでの取組み及
 び交流機能拡充の方針」に基づき,基本設計における平面計画の一部見直しを行い,平面プランをとりま
 とめましたので,議会に報告しました。
  pdf◆(仮称)歴史と未来の交流館整備に係る交流機能の拡充の方針に基づく見直し内容について(pdf 87 KB)
  pdf◆見直しプラン(pdf 1.28 MB)
  pdf◆施設概要(pdf 1.36 MB)
  pdf◆基本設計の見直しに基づく建設費の概算見込み及び今後の進め方について(pdf 61 KB)

◎平成29年12月『議会全員協議会で報告しました!』
 これまで住民の皆様へのさらなる理解促進を図る取組みを行ってまいりました。これらの取組みのなか
 で,「交流・体験活動の充実」を求める声が多数寄せられたことから,これまでの理解促進の取組みと合わ
 せて,機能の拡充の方針について,議会に報告しました。
  pdf◆「(仮称)歴史と未来の交流館」整備に係るこれまでの取組み及び交流機能の拡充の方針(pdf 104 KB)
  pdf◆【別紙資料①】理解促進の取組み(pdf 42 KB)
  pdf◆【別紙資料②】アンケート調査結果(概要)(pdf 51 KB)
  pdf◆【別紙資料③】整備事業スケジュール(pdf 33 KB)

◎平成29年8月『村内公共施設に基本設計【概略版】を掲示しました!』
  村内の公共施設に拡大した『基本設計【概略版】』を掲示しました。あわせて,お持ち帰り用の基本設計
 【概略版】(紙資料)が備え付けてありますので,ぜひご覧ください。
   ※掲示及び設置先についてはこちらをご覧ください。
  DSCF0268DSCF0269DSCF0274DSCF0278

よくある質問と回答(FAQ

 村ではこれまで説明会や意見交換会,さらにはアンケート調査などを行い,理解促進に取り組んでまいりました。その中で,多く寄せられた質問について『よくある質問と回答(FAQ)』にまとめましたので,ご紹介します。
  
   
◆よくある質問と回答(FAQ)〈平成31年4月5日現在

交流館に関する主な計画等

 交流館に関する詳細な計画等については下記の『関連資料』をご覧ください。

掲載日 令和1年8月6日 更新日 令和1年8月7日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会 生涯学習課
住所:
〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)