このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ病気・けが> 定期予防接種

定期予防接種

個別予防接種(予防接種実施医療機関で個別に接種するもの)

◆予防接種に保護者以外の方が同伴する場合,別紙委任状が必要になります。(下記「関連資料」よりダウンロードできます)
◆子宮頸がん予防ワクチンは,現在,積極的な接種勧奨が差し控えとなっています。
◆おたふくかぜワクチンは定期予防接種ではなく任意予防接種です(東海村では
おたふくかぜワクチン接種費用を助成しています)。

種類 対象年齢 接種回数・間隔 通知時期
ヒブ※1
(インフルエンザ菌b型)
生後2か月~5歳に至るまで 接種開始月齢により異なります。
・2か月~7か月未満→4回
・7か月~1歳未満→3回
・1歳~5歳まで→1回
生後1か月頃
小児用肺炎球菌※2
(13価結合型)
生後2か月~5歳に至るまで 接種開始月齢により異なります。
・2か月~7か月未満→4回
・7か月~1歳未満→3回
・1歳~2歳まで→2回
・2歳~5歳まで→1回
生後1か月頃
 B型肝炎※3 生後1歳に至るまで
平成28年4月1日以降に生まれた方が対象

 
標準的な接種時期
・1回目生後2か月
・2回目生後3か月
・3回目生後7~8か月
生後1か月頃

4種混合※4
(百日咳・ジフテリア・破傷風・不活化ポリオ)



 
1期:生後3か月~7歳6か月未満 ・初回3回
(20日以上の間隔で接種)
(標準的には20~56日の間隔)

・追加1回
(3回目終了後6か月以上で接種)
(標準的には1年~1年半後)
生後1か月頃
不活化ポリオ※5 生後3か月~7歳6か月未満 ・初回3回
(20日以上の間隔で接種)
(標準的には20~56日の間隔)

・追加1回
(3回目終了後6か月以上で接種)
(標準的には1年~1年半後)
平成24年8月時点
対象者に個別通知済み
BCG※6 1歳に至るまで
(標準的接種期間:生後5か月~8か月)
1回 生後1か月頃
麻しん風しん混合 1期:1歳~2歳未満
2期:5歳~6歳(小学校就学前の1年間)
1回 就学前の年度初め
水痘(みずぼうそう)
1歳~3歳未満
 
1回目1歳~1歳3か月に至るまで
2回目1回目の接種終了後3か月以上
(標準的には6か月から12か月に至るまで)
生後1か月頃
日本脳炎1期 生後6カ月~7歳6か月未満
(標準的には3歳~7歳6か月未満)※7
・初回2回:6日以上で接種
(標準的には6日~28日までの間隔)
・追加1回:初回終了後6か月以上で接種
(標準的にはおおむね1年後)
生後1か月頃
日本脳炎2期 9歳~13歳未満※8 1回 8歳11か月頃
2種混合
(ジフテリア・破傷風)
2期:11歳~12歳(小学6年生) 1回 小学6年生になる年度初め
子宮頸がん予防ワクチン※9 中学1年生~高校1年生女子
(標準的接種期間:中学1年生の間)
3回 中学1年生になる年度初め

 

※1ヒブワクチン
 生後2か月から7か月の間に接種を開始する場合は,
1歳までに1回目~3回目を接種しましょう

【注意】初回2回目と3回目の接種が1歳を超えた場合

       →最後の接種日から27日(医師が必要と認めた場合は20日)以上間隔をあけて1回追加接種を受けます。
 

※2小児用肺炎球菌ワクチン
        生後2か月から7か月の間に接種を開始する場合は,2歳までに1回目~3回目を接種しましょう。

【注意1】初回2回目と3回目の接種が2歳を超えた場合
                    →最後の接種日から60日以上間隔をあけて1回追加接種を受けます。

【注意2】初回2回目が1歳を超えた場合→最後の接種日から60日以上間隔をあけて1回追加接種を受けます。

◆ヒブワクチン及び小児用肺炎球菌ワクチンの接種間隔が規定よりあいた場合などは,保健センター及び接種医にご相談ください。

※3B型肝炎ワクチン(平成28年10月より開始)
平成28年4月1日以降に生まれた方が対象です。
1回目と2回目の間は27日以上間隔をあけます。
1回目と3回目の間は139日以上間隔をあけます。
母子感染予防のために抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受ける場合は、健康保険が適用されるため、定期接種の対象外となります

※44種混合ワクチン(平成24年11月より開始)

平成24年8月生まれのお子さまから4種混合ワクチンでの接種をご案内しています。

※5不活化ポリオワクチン(平成24年9月より開始)

生ポリオワクチンを1回お済みのお子さまは,不活化ポリオワクチンの接種回数が異なります。
スケジュール等は接種医か保健センターへご相談ください。


※6BCG

平成25年4月より,対象年齢が1歳に至るまで(標準的接種期間:生後5か月~8か月に達するまで)に変更されました。
 

※7日本脳炎
第1期は,平成17年5月以降,積極的勧奨の差し控えが行われていましたが,平成21年6月以降新しい日本脳炎ワクチン
の使用が認められ,平成22年4月より3歳のお子さまの積極的勧奨を再開しました。生後6カ月から定期接種として接種できますが
,
標準的には初回1回目及び2回目を3歳~4歳の間に,初回追加を4歳~5歳の間に接種することとなっています。

 

※8平成23年5月より,平成17年~平成21年度の間に接種機会を逃した方々の接種時期が緩和されました。
対象の方は平成7年4月2日~平成19年4月1日生で,これまで定期接種ができなかった7歳半~9歳未満,13歳以上20歳未満
でも接種することが可能です。対象の方で,予診票が手元にない方は,保健センターへお問い合わせください。

 

※9子宮頸がん予防ワクチン
ワクチンとの因果関係を否定できない副反応が見られたことから,平成25年6月15日より積極的な接種勧奨を差し控えております。
しかし,本人又は保護者が希望する場合は,定期予防接種として接種可能です。
接種をする場合は,ワクチンの効果及び副反応を十分にご理解いただいた上で接種くださいますようお願いいたします。

 


 

 

予防接種Q&A

●転入や予防接種予診票を紛失したときは?
母子健康手帳等接種歴の分かるものをご持参の上,保健センター窓口にお越しください。

 

●予防接種はどれくらい間隔をあければいいの?

無題改.png
※同じ種類のワクチンを複数回接種する場合には,ワクチン毎に定められた間隔を守る
(例えば,4種混合初回1回目と2回目の間隔は20日以上空ける必要があります。)

※※月曜から次の月曜日(6日以上あける),あるいは4週間後の月曜日(27日以上あける)


●同時接種とは?

あらかじめ混合されていない2種類以上のワクチンについて,医師が特に必要と認めた場合には,同時に接種を行うことができます(接種部位は別々)。
 

●予防接種による副反応とは?
ワクチンが原因といわれている副反応には、接種した所が赤くなったり熱が出たりする以外にも、病気の発症や合併症など、重大な副反応もあります。しかしこれらも、必ずしもワクチンが原因だとは断定できない場合が多く,ワクチンを接種した後にたまたま起こった紛れ込みの事故である可能性が高いといわれています。子どもの体質はそれぞれ違うため,程度に差はありますが,大切なことは,かかりつけの医師に体調をよく診てもらい,よく相談することです。その上で,予防接種を受けるかどうか判断してください。
また,予防接種をお受けになるにあたっては,予防接種の効果や副反応,予防接種健康被害救済制度についてご理解の上,お子様の体調のよい日に行うことが原則です。少しでも体調が悪いと思ったら中止する勇気を持ちましょう。


 


●●麻しん風しんの予防接種を受けましょう「はしかにならない!はしかにさせない!」
感染力が強く,かかると症状の重い麻しん(はしか)は、予防接種を行うことで感染を防ぐことができます。
対象年齢になりましたら,できるだけ早めに麻しん風しん予防接種を2回受けましょう。

  平成29年度対象者 予診票送付時期
第1期 1歳児 生後1か月頃に個別通知
第2期 平成23年4月2日から平成24年4月1日生
(小学校就学前1年間に相当する方)
3月末に郵送
 
 

掲載日 平成29年4月1日 更新日 平成29年7月28日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
福祉部 健康増進課
住所:
〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松2005
電話:
029-282-2797
Mail:
(メールフォームが開きます)