このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

カテゴリー

トップ子育て・教育教育委員会> 教育長のつぶやき

教育長のつぶやき

教育長 “子どもも 大人も キラリ輝くまち”鉛筆イラスト

 みなさん,こんにちは。教育長の川﨑です。


 挨拶は,心と心をつなぐ第一歩。先ず大人からさわやかな挨拶をお願いします。



7月26日(木曜日)から7月29日(日曜日)まで,青少年育成東海村民会議主催の「自然体験学習の旅」に参加してきました。主研修場所は国立那須甲子青少年自然の家でした。
私は,初めて参加しましたが,小学生の生活を指導するサブリーダーの中学2年生,それをサポートする高校生リーダー,そして中高校生の動きを温かく見守る大人スタッフの姿を直接的に眺めることができました。
活動班の構成員である小学4年生から6年生の子どもたちの言動に対して,優しく,温かく,粘り強くかかわり,その子なりの豊かな体験ができるよう,目配り・気配り・心配りをする中学生の姿に感動しました。私だったら「早くしろ」と言ってしまうところを待っている。中学生は,学校でも家庭でも体験できない「心の耕し」ができたのではないでしょうか。まさに教科学力とは違った「数値では表せない見えない学力」,いわゆる人間力や社会力が育まれたような気がします。
この体験学習を指揮する総括スタッフは,公募で参加していただいている社会人や高校生会等の方々です。皆さん,ボランティアです。子どもたちに,豊かな自然体験や社会体験を提供していただき心より感謝申し上げます。

〔自然体験学習の旅の様子〕 

キャンプファイアー後,スタッフらとハイタッチする赤の班の子ども達青3班と教育長,オリエンテーリングの様子キャンプファイアーで踊る赤と青の班の子どもたち

野外炊飯をする黄色4班家族にはがきを書く赤5班那須どうぶつ王国,ポーズを決めるスタッフたち

〇夏休み恒例となりましたエンジョイ・サマースクールが始まりました。今年は7月21日(土曜日)からスタートし,8月31日(金曜日)までの42日間で,194の講座が開設されています。「与える学習から求める学習へ」という目的のもと,平成16年度よりスタートしました。学校という場とはまた違った多様な学習の場を提供しています。子どもたちにとって¨知的好奇心の高まり,学びのきっかけづくり¨になる機会が多いです。様々な講座にチャレンジしてほしいと思います。
 
〇7月31日(火曜日),とうかい村松宿こども園において,小中学校の若い先生方を中心に保育体験を実施しました。まだまだ無自覚・未分化の幼児を相手に悪戦苦闘。これが貴重な体験なんです。子どもたちの姿から学べる先生になってほしいと思います。
 〔保育体験の様子〕

園児たちに読み聞かせをする村松小学校の先生園児たちと工作をする村松小学校の先生園児たちに読み聞かせをする石神小学校の先生


〇8月1日(水曜日),東海中学校・東海南中学校において,小学6年生を対象としたオープンサマースクールが開催されました。来年入学する6年生の目が輝いていました。
 
【8月の行事予定を紹介します】
◇8月10日(金曜日)・・東海村人権啓発講演会(午後1時30分開演,村文化センター)
「あーよかったなあなたがいて~『やさしさ』という温かい貯金~」という演題で兵庫県の公立小学校教師を務めていた仲島正教先生が話をしてくれます。入場無料,どなたでも聴くことができます。

東海村人権啓発講演会ポスター
人権啓発講演会のポスター

  ◇8月17日(金曜日)~20日(月曜日)・・第73回国体関東ブロック大会(ホッケー競技)
阿漕ヶ浦公園ホッケー場,東海高校を会場に開催されます。少年男女,成年男女の試合があります。19日(日曜日)は準決勝,20日(月曜日)は決勝戦です。是非,足を運び,スピード感あふれるホッケー競技を観戦してください。


平成30年8月
東海村教育委員会教育長 川﨑 松男


【教育長のつぶやきバックナンバー】


掲載日 平成30年3月2日 更新日 平成30年8月7日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
行政委員会 教育委員会
住所:
〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)