このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ病気・けが> 熱中症を予防しましょう

熱中症を予防しましょう

 

熱中症は気温などの環境条件だけではなく,人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。
気温がそれほど高くない日でも,湿度が高い・風が弱い日や,体が暑さに慣れていない時は注意が必要です。

熱中症は重症化すると命に関わる危険性もありますが,きちんと対策をすれば防ぐことができます。
正しい知識を身につけて,熱中症を予防しましょう。

特に高齢者は注意が必要です!
体内の水分が不足しがちです
高齢者は若年者よりも体内の水分量が少ない上,体の老廃物を排出する際にたくさんの尿を必要とします。
暑さに対する感覚機能が低下しています

加齢により,暑さやのどの渇きに対する感覚が鈍くなります。
暑さに対する体の調節機能が
低下します
高齢者は体に熱がたまりやすく,暑い時には若年者よりも循環器系への負担が大きくなります。


~熱中症の予防法はできていますか?~

□こまめに水分補給をしている
□エアコン・扇風機を上手に使用する
□シャワーやタオルで体を冷やす
□部屋の温度を測っている
□暑い時は無理をしない
□涼しい服装をし,外出時には日傘・帽子を使用している
□部屋の風通しを良くしている
□緊急時・困った時の連絡先を確認している
□涼しい場所・施設を利用する


熱中症かな?と思ったら・・・
涼しい場所への避難
風通しのよい日陰や,できればクーラーが効いている室内などに避難させましょう
衣服を脱がせ,体を冷やす

体に水を掛けたり,ぬれタオルなどで体を覆ったりし,うちわや扇風機で風を送りましょう
水分・塩分の補給

飲めるようであれば水分を少しずつ取る
※水分や塩分を補給しても改善しない場合は医療機関へ

●熱中症の症状●

(I度)
めまい,立ちくらみ
大量の汗,こむら返り
筋肉痛

(II度)
頭痛,吐き気・嘔吐
体がだるい
体に力が入らない

(III度)
意識がない,けいれん
体温が高い,会話がおかしい
真っ直ぐ歩けない

こんな時は救急車を呼びましょう
●自力で水分が取れない
●呼びかけに対して返事がおかしい
●脱力感や倦怠感が強く動けない
●意識がない
●全身がけいれんするなどの症状がある


 

掲載日 平成28年6月15日 更新日 平成29年6月12日
【アクセス数