このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ >  くらし・手続き >  健康保険・年金

健康保険・年金

健康保険・年金
前ページ 1 2 次ページ
年金のその他手続きについて(追納・前納・納付書の再発行) 福祉部 住民課 保険年金担当
年金のその他手続きについて(追納・前納・納付書の再発行) 保険料の後払い(追納)について 老齢基礎年金の年金額を計算するときに、保険料の免除や猶予の承認を受けた期間がある場合は、保険料を全額納付した場合と比べて年金額が低額となり...
死亡に伴う年金の手続きについて 福祉部 住民課 保険年金担当
死亡に伴う年金の手続きについて 国民年金被保険者が亡くなったとき 国民年金被保険者期間中に死亡したときは、遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金等の制度があります。受給要件を満たしている必要がありますので、年金事務所または東海村役場...
年金受給のための手続きについて 福祉部 住民課 保険年金担当
年金受給のための手続きについて 国民年金被保険者期間のみの方の手続きを,役場で行うことができます。必要な書類等は手続き内容によって異なりますので、ご来庁の前にお問い合わせください。 ※厚生年金や共済年金の加入期間がある方は,年金事務...
国民年金の支払いが難しい時 福祉部 住民課 保険年金担当
国民年金の支払いが難しいとき 学生納付特例制度 学生の方には、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。 本人の所得が一定以下(注1)の学生(注2)が対象となります。なお、家族の方の所得の...
年金被保険者の加入・喪失・その他変更手続きについて 福祉部 住民課 保険年金担当
年金被保険者の加入・喪失・その他変更手続き 20歳になったとき 厚生年金(共済年金)加入者以外の方は、国民年金の加入手続きが必要です。 日本年金機構から誕生月の月末に送付される国民年金被保険者資格取得届(申出)書に必要事項を記...
東海村国民健康保険保健事業総合計画(第2期データヘルス計画,第3期特定健康診査等実施計画)について 福祉部 住民課 保険年金担当
東海村では,被保険者の皆様の健康の保持増進を図るための各保健事業を,一体的に実施するための計画「東海村国民健康保険保健事業総合計画(第2期データヘルス計画,第3期特定健康診査等実施計画)【対象期間:平成30~35年度】」を平成30年3月に策...
平成30年度特定健康診査・特定保健指導を受けましょう 福祉部 住民課 保険年金担当
特定健康診査・特定保険指導の実施は,平成...
平成30年度人間ドック費用補助事業について 福祉部 住民課 保険年金担当
東海村国保健康保険では,加入者の健康の保...
国民健康保険税(国保税)の決め方 福祉部 住民課
国保税は,次の3つの項目ごとに計算され,...
国民年金の制度について 福祉部 住民課 保険年金担当
国民年金の制度について 国民年金のしくみ 国民年金は全国民が加入する制度として共通の基礎年金を支給する制度です。 老後の生活や、病気やケガ等で障害が残ったとき、配偶者に先立たれたときなど、基礎年金を支給し、経済的な支えを行うこ...
70歳以上の方の医療費について 福祉部 住民課 保険年金担当
70歳以上になると,医療機関に支払う自己負担割合(一部負担金)や支払った医療費が高額になったときの限度額が変更になります。 自己負担割合は,収入に応じて「2割(誕生日が昭和19年4月1にまでの方は特例措置により1割)」または「3割」となり...
後期高齢者医療制度について 福祉部 住民課 保険年金担当
1.自己負担割合 医療機関での自...
国民健康保険の資格喪失後の受診による医療費の返還について 福祉部 住民課 保険年金担当
1.医療費の返還について(不当利得の返還請求) お勤め先や家族の健康保険等に加入後や,遡って東海村の国民健康保険(以下,東海村国保)の資格を喪失した場合等に,東海村の国民健康保険証で医療機関を受診してしまった場合には,本来他の健康保険等が...
国民健康保険のよくある質問 福祉部 住民課 保険年金担当
制度・資格・保険証に関すること 質問1.国民健康保険は必ず入らないといけませんか? 回答:国民は社会保険,共済保険,後期高齢者医療制度または国民健康保険のいずれかの保険に加入しなければなりません。どの保険にも加入していない方は,必ず国...
医療費を大切に使いましょう! 福祉部 住民課 保険年金担当
お医者さんにかかるときは,こんな点に気をつけましょう 1.かかりつけ医を持ちましょう 日頃から,病気の治療や医療の相談に乗ってもらえる「かかりつけ医」を持つことは大切です。紹介状を持たずに最初から大きな病院を受診すると費用が余計に...
国民健康保険税の社会保険料控除について 福祉部 住民課 保険年金担当
所得税・住民税の所得申告や年末調整を行う際,国民健康保険税(以下国保税)の納付額も社会保険料控除として所得金額の合計から差し引くことができます。 1.控除の対象 前年の1月1日から12月31日まで(所得申告の対象期間)に納めた国保...
国民健康保険税の納付方法について 福祉部 住民課 保険年金担当
国民健康保険税の納付方法は,平成28年度から口座振替が原則となりました。現在納付書で国民健康保険税を納めている世帯の方や新たに国民健康保険に加入する世帯の方は,口座振替の利用をお願いいたします。 納付の方法 国民健康保険税の納付方法...
前ページ 1 2 次ページ