(仮称)歴史と未来の交流館整備基本計画の住民説明会を開催しました

更新日:2020年01月07日

村ではこれまで、村民の方々のニーズに合わせたさまざまな生涯学習活動を支援するため、スポーツ・文化・芸術関連施設を計画的に整備してきました。一方で、文化財等の文化的資産を活用した施設については、必要性は認識されながらも諸般の事情により長期間にわたり建設が見送られてきた経緯があります。特に、平成22年に策定された「東海村(仮称)生涯学習センター基本計画」は、東日本大震災の影響により中止となりましたが、その内容は、生涯学習施設として多岐にわたる機能を盛り込んでいました。
今回の「(仮称)歴史と未来の交流館整備基本計画」では、村の歴史や文化財を保存・伝承し、未来を担う子どもたちが学び・活動でき、子どもから大人まであらゆる世代が集い、交流し、共に育むことができる施設に特化し、「歴史資料館」と「子ども未来館」の複合施設として整備する計画となっています。
 
平成28年6月16日(木曜日)、19日(日曜日)に東海村産業・情報プラザ(アイヴィル)で、(仮称)歴史と未来の交流館整備基本計画の説明会を開催しました。
説明会では、新施設での"基本理念"や"テーマ"、"施設整備計画"のほか、「歴史資料館」や「子ども未来館」等での活動方針や計画について説明を行いました。
また、「東海村の歴史や文化財について」と題して、実際に村内で発掘された遺物も会場内に一部用意し、村の歴史や村内の貴重な遺跡や遺物を紹介しました。
説明会終了後、参加した皆さんは、遺跡の地図や遺物を手に取り、ご覧になりながら担当者の話にも耳を傾けていました。

日時

  1. 平成28年6月16日(木曜日)午後6時30分~
  2. 平成28年6月19日(日曜日)午前10時~

場所

東海村産業・情報プラザ「iVil」(旧リコッティ)
茨城県那珂郡東海村舟石川駅東三丁目1番1号(東海駅東口徒歩3分)

参加者数

  • 6月16日(木曜日):26名
  • 6月19日(日曜日):17名

詳細な意見等については、関連資料をご覧ください。

会場のスクリーンに、「はじめに」とあいさつ文章が映し出され、説明会が進行されていく様子、参加者の皆さんの後方から会場全体を写した写真

整備基本計画の説明

会場のスクリーンに、「石神村、村松村」と映し出され、その前でマイクを持って説明をする女性の写真

「東海村の歴史と文化財について」紹介

参加者席で立って質問をしている男性を後方からステージに向かって写した写真

質疑応答の様子

問い合わせ

東海村教育委員会生涯学習課(仮称)歴史と未来の交流館整備推進室

電話番号:029-282-1711(内線1424)

関連資料

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 生涯学習課 (仮称)歴史と未来の交流館整備推進室

〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話番号:029-282-1711
ファックス:029-282-7944

メールフォームによるお問い合わせ