土地の評価額は下がったのに,固定資産税が上がったのはなぜですか?

更新日:2019年12月23日

負担調整措置によるものです。

平成6年度税制改正で,固定資産の評価は地価公示価格の7割を目途とする評価替えが行われました。これにより,地域によるばらつきがなくなりました。
しかし,大多数の地域は,それまで地価公示価格のある程度の割合で評価を行っていたため,この税制改正により,宅地の評価額が上昇してしまいました。これにより,固定資産税額も上昇することになりますので,税負担がなだらかに上昇する措置がとられました。この措置を負担調整措置といいます。この負担調整措置により,評価額に対する前年の税の負担率が高い土地は,税負担が引き下げられたり,据え置かれたりします。
他方で,税負担の低い土地は,税負担をゆるやかに引き上げられています。この仕組みによって,評価額が下がっても,税の負担率が低かった土地の固定資産税額が上がることになります。

このページに関するお問い合わせ先

企画総務部 税務課 資産税担当

〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話番号:029-282-1711
ファックス:029-282-0105

メールフォームによるお問い合わせ