介護保険の概要

更新日:2019年12月23日

 介護保険は、介護を要する状態となっても、できる限り自宅で自立した日常生活を営めるように、真に必要な介護サービスを総合的かつ一体的に提供する仕組みです。

 介護は、誰にでも起こり得る切実な問題であり、自己責任の原則と社会的連帯の精神にもとづき、40歳以上の全国民で公平に制度を支えています。

 平成12年4月から始まった介護保険制度は、高齢者の「自立支援」と「尊厳の保持」を基本としつつ、制度の持続可能性を高めていくための制度改革を平成18年4月に実施し、より利用者のための制度として充実してきました。

 介護保険の保険者は市町村で、制度運営を主体として行い、国・都道府県・医療保険者・年金保険者が重層的に支え合う構造となっています。

  1. 介護保険事業の実施(要介護認定、保険給付、第1号被保険者の保険料の賦課・徴収等)
  2. 介護サービスの基盤整備
  3. 費用の負担(介護給付費の公費負担12.5パーセント)
東海村キャラクターいもジィが杖を右手に、笑っているイラスト

このページに関するお問い合わせ先

福祉部 高齢福祉課 介護保険室

〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話番号:029-282-1711
ファックス:029-282-8919

メールフォームによるお問い合わせ