東日本大震災の影響による水道の状況について

更新日:2020年02月07日

水道水の分析結果について

村内の水道水は検査の結果、全域で基準値以下であり、安全が確認されています。 平成23年4月29日以降「不検出」が継続していることから、村内の水道水は安心してご利用いただけます。

なお、茨城県においても、放射線等測定状況についてホームページで結果を公表しています。

  • 採取場所:外宿浄水場内蛇口
  • 採取日:令和2年2月6日
  • 検査対象項目:放射性セシウム(セシウム134とセシウム137)
  • 検査機関:茨城県衛生研究所(茨城県水戸市笠原町993-2)
水道水中の放射性物質の検査結果
核種名 放射能濃度
(ベクレル/キログラム)
セシウム134 不検出
セシウム137 不検出

平成24年4月1日から、厚生労働省健康局通知により、水道水中の放射性物質に係る指標等が以下のとおり見直されました。

水道水中の放射性物質に係る管理目標値(水道施設の濁度管理目標)

放射性セシウム(セシウム134と セシウム 137の合計):1キログラム当たり10ベクレル

関連リンク

このページに関するお問い合わせ先

建設部 水道課 業務担当

〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話番号:029-282-1711
ファックス:029-283-2373

メールフォームによるお問い合わせ