東海村公共下水道事業審議会の開催状況について

更新日:2019年12月23日

本村では, 暮らしを支える社会基盤の整ったまちをつくることを目指し,公共下水道の整備を進めています。公共下水道は生活環境の向上及び公共水域の水質保全を図ることを目的として事業を行っています。

これまで昭和58年に公共下水道基本計画を策定して整備を開始し,平成元年に市街化区域を中心とした「公共下水道事業」,平成6年には市街化調整区域を「特定環境保全公共下水道事業」としてそれぞれ供用(使用)開始しました。平成29年度末現在の整備状況は,下水道普及率が87.9%(注意1)となっています。

(注意1)普及率=処理人口/行政人口

東海村公共下水道事業審議会は,本村における少子化による人口減少や厳しさを増す地方財政・環境意識の高まりなどの社会情勢の変化を踏まえ,全国の都道府県が汚水処理計画の見直しを進める中で東海村のこれまでの整備手法を再検討し,一部地域を除き令和6年(2024年)頃を目途に下水道事業概成を目指して審議を重ねています。

このページでは,これまでに開催した「東海村公共下水道事業審議会」の会議録等を掲載しています。

関連書類

このページに関するお問い合わせ先

建設部 下水道課 管理・業務担当

〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話番号:029-282-1711
ファックス:029-283-2373

メールフォームによるお問い合わせ