東海村の原子力

東海村・原子力広報・防災マップ

原子力災害の特殊性

このページのpdf

原子力災害とは

 原子力発電所などでは、事故や故障があっても、施設外部に大量の放射性物質が放出されないよう、様々な安全対策を実施しています。

 しかし、大きな事故や故障により、原子力施設外部に大量の放射性物質が放出され、周辺環境が汚染し、それに伴い住民が被ばくを受けるような事態が発生してしまうかもしれません。このような事態を「原子力災害」といい、原子力災害が発生した場合に備え、被害を最小限に抑え、住民の健康や財産を保護するための対策を講じることを「原子力防災」といいます。

原子力防災の特殊性

 原子力災害は、震災や風水害などの自然災害や火災などと異なり、次のような特殊性があります。

1放射線は目に見えない、音がしない、匂いがないなど、私たちが直接感じることはできません。2被ばくしてもその程度を自分では判断することができません。3この災害に対処するためには、放射線に関する知識が必要です。

原子力防災

 一般の防災の目的は、そこに住んでいる人や働いている人、訪問中の人たちの生命、身体、財産を災害から守ることといえます。とくに生命の安全を確保するということは何よりも重要なことです。そして、これらにより安全で安心できるまちづくりをしていくことが最終的な目標となります。このことは、原子力防災についても全く同様です。

 原子力防災では、災害の未然防止のため、原子力施設の安全対策が図られることが最も重要であり、原子力施設では様々な対策がとられています。しかし、万が一、事故や故障により原子力災害が発生した場合は、放射線による被ばくを最小限にするため、私たち自身が放射線に関する基本的な知識や正しい対処法を知っておくことが重要となります。被ばく防護の基本となる三原則は次のとおりです。

1.放射線をコンクリート等で遮る。(遮へい)2.放射線源から離れる。3.被ばく時間を短くする。