東海村の原子力

東海村・原子力広報・防災マップ

原子力発電の後の処理

このページのpdf

核燃料サイクル

 原子力発電所で使い終わった燃料(使用済燃料)からは、再処理工場でウランとプルトニウムを取り出すことができます。取り出されたウランは転換工場へ、プルトニウムはMOX燃料工場へ送られ、再利用することができます。この一連の流れが核燃料サイクルです。

 また、プルトニウムとウランを混合したMOX燃料は、一般の原子力発電で利用することができ、これをプルサーマルといいます。

核燃料のサイクル

放射性廃棄物の処理・処分

 原子力発電所の運転や使用済燃料の再処理を行うと、放射性物質を含んだ廃液や放射性物質で汚染された不用品などの廃棄物が出ます。これらの廃棄物を放射性廃棄物といいます。これらは、放射性物質の濃度や形状に応じて適切に処理・処分する必要があります。放射性廃棄物は、放射性物質の濃度が低い「低レベル放射性廃棄物」と濃度の高い「高レベル放射性廃棄物」の2つに分けられます。

 放射性廃棄物の大半は低レベル放射性廃棄物で、清掃に使ったペーパータオル、作業員が着ていた作業着、手袋、機器からの排水などがあります。これらは、濃(圧)縮・焼却によって容量を減らした後セメントなどで固めてドラム缶に密閉して低レベル放射性廃棄物埋設センターへ運ばれ、埋設処分されます。

 高レベル放射性廃棄物とは、再処理工場でウランやプルトニウムを回収した後に残った核分裂生成物などのことで、これらは、より厳重な管理が必要とされており、現在最終的な処分地をどこにするかの選定が進められています。