東海村の原子力

東海村・原子力広報・防災マップ

日常生活で受ける放射線

このページのpdf

日常生活で受ける放射線

 私たちは普段の生活の中で、いろいろな放射線を受けています。それは自然界にある放射性物質や宇宙から飛んでくる宇宙線などの「自然放射線」です。また、病気の診断、治療などで使う「人工放射線」もあります。放射線を受けることを「被ばく」といい、自然放射線により受ける被ばく量の世界平均は、年間約2.4ミリシーベルトといわれています。このような普段受けているレベルの放射線なら身体に影響はありませんが、事故などにより、一度にたくさんの放射線を受けた場合は、身体に深刻な悪影響を与えることがあります。

日常生活で受ける放射能

放射線量と急性の放射線影響

放射線影響の分類