東海村の原子力

環境放射線監視結果の概要

環境放射線の監視の目的は、東海・大洗地区にある原子力施設周辺の環境保全を図るとともに、公衆の安全と健康を確保するため、原子力事業所の平常稼働時において、

  • (1)周辺公衆の線量を推定評価し、線量限度を十分に下回っているかどうかを確認する。(線量推定評価)
  • (2)環境における放射線と放射性物質の水準及び分布の長期的変動を把握する。(長期的変動調査)
  • (3)放射性物質の予期しない放出による環境への影響を早期に把握する。(短期的変動調査)

を目的とし、「茨城県環境放射線監視計画」により、測定地点・頻度・測定者等が定められています。

以下の監視結果は、上記の監視計画に基づき県・国及び原子力事業所が測定した結果をとりまとめたものから抜粋したものです。

最新:環境放射線監視結果の概要(環境放射線監視季報第179報から)(第4四半期)

バックナンバー