村職員の新型コロナウイルス感染に伴う関係者のPCR検査結果(12月8日公表)

更新日:2020年12月08日

村職員2名(なごみ総合支援センター勤務)の新型コロナウイルス感染に伴い,関係者(30名)についてPCR検査を行っておりましたが,本日全員の陰性が確認されました。

※「村職員の新型コロナウイルス感染についてのお知らせ」はコチラ

村職員の感染確認に関する村長メッセージ(12月8日)

役場職員における新型コロナウイルス感染の状況について

(12月8日)

 

先日、お伝えしました役場職員の新型コロナウイルス感染の発生につきましては、村民の皆さまに多大なるご心配をおかけいたしました。

その後、当該職員と接触のあった関係者(30人)について、12月7日(月曜日)にPCR検査を実施し、本日、全員の陰性が確認されました。

村としましては、保健所の指導により、引き続き、関係者の健康観察に努めてまいります。

 

なお、「なごみ」については、既に消毒を完了しているものの、業務再開時期については、関係各所との調整中でありますので、追ってお知らせいたします。

 

今回、役場の職場内での感染確認ということで、職員に対しては、改めて、感染防止対策の徹底を図ってまいります。

一方で、「なごみ」で感染者が確認されたということで、利用者等に対しての「差別」や「偏見」といった人権侵害に繋がるような事例も発生しているとのことであります。

改めて、村民の皆さまにお願いいたします。

 

感染者やその家族等に対する人権配慮はもとより、施設利用者等に対しましても、不確かな情報や根拠ない噂に惑わされることなく、冷静な対応を心がけていただくようお願いいたします。

 

 

令和2年12月8日

東海村長 山田 修

村の対応

なごみ総合支援センターにおいては,既に保健所の指導に従い消毒作業等を行いましたが,関係各所との調整が完了するまで,全館閉館いたします。
なお,閉館中のお問い合わせは,平日午前8時30分から午後5時15分まで,東海村役場(029-282-1711)にてお受けいたします。また,お越しの際は東海村役場102会議室(別棟)にてご対応します。ご理解とご協力をお願いいたします。

村からのお知らせ

【不当な差別・偏見・いじめ等は絶対にあってはなりません】
新型コロナウイルス感染症に関連して,先に発生した自治体では,発症された方や治療にあたった医療関係者,またそのご家族が,根拠のない誹謗中傷や偏見による差別を受ける事例が全国的に数多く報道されています。
誤った情報に基づく不当な差別・偏見・いじめ等は絶対にあってはなりません。
噂や不確かな情報に惑わされて,人権侵害につながることがないよう,公的機関が提供する正しい情報をもとに冷静に,思いやりのある⾏動を心掛けていただくようお願いします。
感染者個人の情報に関するお問い合わせには,お答えできませんので,あらかじめご了承ください。

【村内で感染者が確認された際の防災行政無線放送での周知について】
今後の放送については,村内で集団感染(クラスター)が確認されたときなど,緊急性のある注意喚起等が必要な場合に限り行うこととします。

体調不良等のご心配がある方は

県では新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行に備え,発熱患者に対応可能な診療・検査医療機関を指定しております。

発熱等の症状がある方は,まずはかかりつけの医療機関電話連絡をした上で受診して頂くようお願いいたします。

かかりつけ医がない場合などについては,近隣の診療・検査医療機関をご案内いたしますので,受診・相談センターにご相談ください。

なお,検査の実施については,診察した医師が個別に判断いたしますのでご了承ください。

 

 【医療機関にかかるときのお願い】
・受診前に必ず電話相談し,通院時間を決定してください。
・通院時間を厳守し,マスクを着用してください。

【受診・相談センター】
・県庁:029-301-3200(直通) 8時半から22時(土日・祝祭日を含む)

・ひたちなか保健所:029-265-5515  平日9時~17時

公表内容に関する問い合わせ先

029-282-1711(東海村役場代表)

一人ひとりが気をつけること

1 手洗い・消毒・咳エチケットの徹底

2 こまめな換気3密(密集・密接・密閉)の回避

3 外出時は症状がなくても,マスクをつける

4 人との間隔はできるだけ2メートル空ける

5 感染流行地域との行き来を控える

6 体調が悪い時は無理せず,自宅で療養

7「いばらきアマビエちゃん(茨城県),「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」(国)の登録

※一人ひとりが協力し合い,しっかりと対応していきましょう。