新型コロナウイルス感染症に関する村長メッセージ(1月19日)

更新日:2021年01月19日

みんなでコロナの感染拡大を止めましょう!
 

茨城県が、緊急事態宣言を発令しました。県内の感染者が急増しており、国へ要請する前に、独自の判断として、対策強化に踏み切ったものと考えております。

これを受けまして、本村としましては、本日から、図書館を除く公共施設を臨時休館としました。突然の決定で、戸惑いや不安を感じている方も多いとは思いますが、現下の状況では、やむを得ないものと判断しました。

 

本村の感染状況ですが、1月に入ってから、ほぼ毎日のように確認されており、昨日(18日)時点で、今月累計が24名となっています。もはや、いつ誰が感染しても不思議ではない状況にあり、一人ひとりが改めて警戒心を強く持ち、感染予防対策を徹底しなければなりません。

これまでは、飲食店を対象とした時短要請により感染防止対策をピンポイントで行ってきましたが、感染拡大は止められず、市中感染へと拡がっているものと思われます。こうした状況の中では、人と人との接触をできるだけ減らしていかなければなりませんので、対策強化の一環として、不要不急の外出自粛が強く求められているところであります。

公共施設の利用は、皆様にとりまして、健康づくりや絆づくりなど社会生活を維持するために必要な活動であります。私は、コロナ禍においても、できるだけ活動を継続していただきたいと考えておりましたが、今は、感染拡大を防止しなければなりません。改めて、皆様には、公共施設の利用を制限しなければならないほど、事態が深刻であるということをご理解のうえ、ご協力いただきますようお願いいたします。

 

この不自由な生活から一日でも早く抜け出していくためには、皆様一人ひとりのご協力が欠かせません。改めてお願いします。

「マスクの着用」、会話をする時は必ずマスクを付けましょう!

「手洗いの徹底」、感染対策の基本である手洗いを忘れずに!

「3密の回避」、密にならないように人込みは避けましょう!

よろしくお願いいたします。

 

令和3年1月19日

東海村長 山田 修