新型コロナウイルス感染症に関する村長メッセージ(12月8日)

更新日:2020年12月08日

役場職員における新型コロナウイルス感染の状況について

(12月8日)

 

先日、お伝えしました役場職員の新型コロナウイルス感染の発生につきましては、村民の皆さまに多大なるご心配をおかけいたしました。

その後、当該職員と接触のあった関係者(30人)について、12月7日(月曜日)にPCR検査を実施し、本日、全員の陰性が確認されました。

村としましては、保健所の指導により、引き続き、関係者の健康観察に努めてまいります。

 

なお、「なごみ」については、既に消毒を完了しているものの、業務再開時期については、関係各所との調整中でありますので、追ってお知らせいたします。

 

今回、役場の職場内での感染確認ということで、職員に対しては、改めて、感染防止対策の徹底を図ってまいります。

一方で、「なごみ」で感染者が確認されたということで、利用者等に対しての「差別」や「偏見」といった人権侵害に繋がるような事例も発生しているとのことであります。

改めて、村民の皆さまにお願いいたします。

 

感染者やその家族等に対する人権配慮はもとより、施設利用者等に対しましても、不確かな情報や根拠ない噂に惑わされることなく、冷静な対応を心がけていただくようお願いいたします。

 

 

令和2年12月8日

東海村長 山田 修

201208村長メッセージ