新型コロナウイルス感染症に関する村長メッセージ(8月10日)

更新日:2020年08月10日

新型コロナウイルス感染症に関する村長メッセージ

(8月10日)

 

昨日、東海村で6例目となる新型コロナウイルス感染症の患者が確認されました。

7月22日に、初めての感染症患者が確認されてから、約2週間という短期間のうちに、6名の患者が確認されましたので、正直なところ驚きを隠せませんが、今後とも、緊張感を持って対応してまいりたいと考えております。

 

特に、昨日発表されましたケースは、カラオケ店利用における感染とのことであります。県においては、クラスター(感染者集団)が発生したと分析しており、引き続き調査が続けられていますが、お心当たりの方は、積極的に保健所へご連絡いただきますようお願いいたします。

また、歌唱を伴う飲食店等(いわゆる“昼カラ”を含む)の利用においては、感染症の拡大を招きやすいと言われておりますので、一人ひとりが感染防止対策の徹底や確認を行うとともに、できるだけ感染リスクを避ける行動をとっていただきますようお願いいたします。

なお、過日、県から公表されました東海村のカラオケ店に関しましては、調査が進められておりますが、現時点において、感染が確認されたという情報は入っておりません。

 

連日報道されているとおり、現況としましては、東京都をはじめとして、全国的に感染症が拡大している状況にあります。こうした中で、本村も例外ではなく、ウイルスが身近に存在しているという認識を持たなければなりません。村民の皆様には、今一度、手洗いの徹底やマスクの着用をお願いいたします。

また、感染拡大防止のためには、速やかな情報提供が欠かせませんので、県が推奨している「いばらきアマビエちゃん」や国の「COCOA」への登録・利用も併せてお願いします。

 

最後に、人権への配慮を改めてお願いいたします。

感染された方を特定するような行為はやめましょう!

ましてや感染された方への誹謗中傷や差別などは絶対ダメです!

一人ひとりが相手の立場を理解し、冷静に思いやりをもって行動を!

 

令和2年8月10日

東海村長 山田 修