トップ >  健康・福祉 >  病気等への注意喚起

病気等への注意喚起

病気等への注意喚起
前ページ 1 次ページ
夏休みにおける海外での感染症予防について 福祉部 健康増進課
夏休みにおける海外での感染症予防について 日本国内と他国では、流行する感染症が異なるため、お出かけ先別で気をつけなければならない感染症が色々あります。 一般に「リゾート地」とされる華やかな地域であっても、日本国内にはない感染症に気をつけ...
インフルエンザ予防について 福祉部 健康増進課
例年12月~3月にかけてインフルエンザ流行のシーズンを迎えます。インフルエンザは症状が重く、特に乳幼児や高齢者など抵抗力の弱い方がかかると、重症化しやすくなります。 インフルエンザの症状 インフルエンザのウイルスの感染を受けてから1~3...
感染性胃腸炎について 福祉部 健康増進課
感染性胃腸炎とは 感染性胃腸炎とは、細菌やウイルスなどの病原体による感染症です。ウイルス感染による胃腸炎が多く、毎年秋から冬にかけて流行します。 原因と感染経路 原因となる病原体には、ノロウイルス、ロタウイルスなどのウイルスのほか...
食中毒について 福祉部 健康増進課
食中毒とは 食中毒とは、食品、添加物、器具、容器包装に包まれた又は付着した微生物、化学物質、自然毒素等を摂取することによって起きる、急性の健康被害のことをいいます。 主な症状としては、下痢、腹痛、嘔吐、発熱などです。 食中毒は、微生物...
ダニ媒介感染症について(情報提供) 福祉部 健康増進課
ダニ媒介脳炎については、平成29年に、北海道において国内4例目となる患者の発生が確認されたことについて、厚生労働省から注意喚起がなされていましたが、今般、北海道において国内5例目発生が確認されたことから、改めて注意喚起を行っているところです...
クリミア・コンゴ出血熱について(情報提供) 福祉部 健康増進課
クリミア・コンゴ出血熱については、平成28年9月にスペイン首都マドリッドにおいて、西ヨーロッパで最初の国内感染例の発生が確認されたことから、国(厚生労働省)から注意喚起がなされていましたが、今般、モーリタニアにおいてもクリミア・コンゴ出血熱...
夏に流行する感染症について 福祉部 健康増進課
夏の感染症にご注意ください!! 夏場に多く発生する感染症は、腸管出血性大腸菌感染症、咽頭結膜熱(プール熱)、ヘルパンギーナ、手足口病、伝染性紅斑(りんご病)などです。症状があるときは、早期に医療機関を受診してください。 ...
1歳未満児に,ハチミツを与えないでください! 福祉部 健康増進課
東京都内において,ハチミツの摂取が原因と推定される乳児ボツリヌス症による死亡例がありました。1歳未満の乳児がハチミツを食べることにより,乳児ボツリヌス症にかかることがあります。ハチミツを加熱しても本症を防ぐことはできません。1歳未満の乳児に...
麻しん(はしか)にご注意ください 福祉部 健康増進課
インドネシア(バリ島)から帰国した麻しん(はしか)患者の発生について 4月1日に咳,発熱等の症状により受診した患者が発疹等により水戸市内の医療機関を4月3日に再受診したため,検査を実施したところ,麻しん陽性と判明し,4月4日に同医療機関...
感染性胃腸炎が流行しています 福祉部 健康増進課
現在県内では感染性胃腸炎が流行しています。 茨城県が実施する感染症発生動向調査(平成28年第50週)によると,全国・本県とも先週に比べて増加して,1定点当たりの警報レベル値20を上回りました。昨年同時期に比べると,全国で約2倍,本県で...
ダニ媒介脳炎について 福祉部 健康増進課
ダニ媒介感染症の予防等について ダニ媒介脳炎は,ウィルスを保有するマダニに刺咬されることによって感染する疾患で,日本では1993年及び2016年に北海道おいて発生が確認されています。 ダニ媒介脳炎は発熱,頭痛,筋肉痛などの症状が...
デング熱について 福祉部 健康増進課
デング熱に注意しましょう!! ~重要なお知らせ~ 2014年に,国内でデング熱に感染したことが確認された患者が報告されました。 2016年には,海外から帰国した方がデング出血熱を発症し,死亡する事例が発生しました。 蚊に刺...
海外で「ジカウィルス感染症(ジカ熱)」が流行しています 福祉部 健康増進課
特に,妊婦及び妊娠の可能性のある方はご注意ください ジカウィルス感染症(Zika Virus Infectin)は,ジカウィルスによる蚊媒介性の感染症です。世界ではアフリカや中央・南アメリカ,アジア太平洋地域で発生しており,近年は中...
インフルエンザワクチン予防接種費用助成について 福祉部 健康増進課
インフルエンザワクチン予防接種の費用助成について
前ページ 1 次ページ