▼色合いの変更 標準 | 1 | 2 | 3 |
▼文字サイズ変更 標準 大きく 小さく
トップ >  部署一覧 >  建設農政部 >  農業政策課

建設農政部 農業政策課

業務内容紹介
農業政策課は,農業の振興,農地の保全を主たる業務として行っています。

【農業振興・農地保全担当】
  • 米の生産調整に関することを行っています。
  • 農業振興地域の整備,除外手続きに関することを行っています。
  • 遊休農地抑制対策に関することを行っています。
  • 土地改良施設に関することを行っています。
  • 細浦・竹瓦・豊岡機場の管理を行っています。
  • 地籍調査に関することを行っています。
【地域農業支援担当】
  • 野菜・果樹の振興対策に関することを行っています。
  • 農業の多様な担い手育成に関することを行っています。
  • 認定農業者に関することを行っています。
  • 循環型農業推進に関することを行っています。
  • 地産地消推進に関することを行っています。
  • 農業用廃プラスチック収集対策協議会に関することを行っています。
  • 営農指導に関することを行っています。
  • 新規就農者等の育成に関することを行っています。
農業振興・農地保全担当
野菜果樹以外の作付けに関しての業務を行っております。
地域農業支援担当
地域農業支援担当は,開かれた農業相談窓口としてJAひたちなかの農産物直売所「東海ファーマーズマーケットにじのなか」の中に事務所を設置し,農業支援センターとして,環境に配慮した農業の普及啓発,地産池消の推進,担い手の育成・確保,農業専門員による農業相談,農機具の貸出等を行っています。 業務は,月曜日と祝日を除き,午前8時30分から午後5時15分まで行っています。 野菜・果樹の振興対策に関すること。 農業の多様な担い手育成に関すること。 認定農業者に関すること。 循環型農業推進に関すること。 地産地消推進に関すること。 農業用廃プラスチック収集対策協議会に関すること。 営農指導に関すること。
お知らせ
家庭菜園の利用者を募集します
家庭菜園は、農地を区画(1区画約50平方...
「東海村農業フォーラム」を開催しました!
東海村農業政策課では,東海村の農業の将来を考えようと「東海村農業フォーラム」を3月11日(土)に東海村総合福祉センター「絆」で開催しました。 村の「農業の課題や問題点を村民とともに共有することが目的」で約110名の来場者を迎えて開催さ...
家庭菜園の新規利用者を募集します
家庭菜園は、農地を区画(1区画約50平方...
平成28年産「米」の放射性物質検査結果について
安全安心な米を消費者の皆さまに届けるため...
台風9号通過により浸水・冠水した農作物等の被害抑制に向けた技術対策について
浸水や冠水による農作物等への被害防止や軽減に向けた対策について,下記リンクをご参照ください。 なお,人命第一の観点から,圃場の見回り等については,気象状況を十分確認し,増水した水路その他危険な場所に近づかず,足場等,圃場周辺の安全に十...
活用してみませんか?「環境にやさしい農産物栽培奨励補助事業」
村では,茨城県慣行栽培基準の半分以下の化学合成農薬・化学肥料を使用して栽培する「環境にやさしい農産物」の提供と村内の農業振興を図ることを目的として,あらかじめ定めた65種類の農産物を,茨城県特別栽培農産物の認証またはJAS規格による有機農...
農用地区域除外(農振除外)申出の受付期間について
農用地区域除外(農振除外)申出の受付は,4月と10月を予定しています。
伐採及び伐採後の造林の届出について
森林を伐採するときは「伐採及び伐採後の造林の届出書」を提出してください。 私たちの生活になくてはならない貴重な財産である森林を無秩序に伐採することには,森林の多様な機能を損なうだけでなく,様々な災害を引き起こすなど,私たちの生活に多...
平成27年度農業座談会を開催しました
東海村の農業は,他の地域と同様に農業者の高齢化,担い手不足,米価下落に代表される収益の低下,農地と住宅の混在化に伴う生産環境の変化など,様々な課題を抱えており,早急な対応が求められています。 村では,今年度策定した『東海村農業振興...
東海村農業振興計画を策定しました
東海村の農業は,他の地域と同様に農業者の高齢化,担い手不足,米価下落に代表される収益の低下,農地と住宅の混在化に伴う生産環境の変化など,様々な課題を抱えています。とりわけ,耕作放棄地の発生や,土地利用秩序の混乱は,農業環境だけでなく,住環...
イオン東海店で東海村産の新鮮野菜販売を始めました!
住民の皆様方からのご要望にお応えして,7月15日(水)から,イオン東海店で,東海村産の新鮮野菜販売が始まりました。 JAファーマーズマーケット「にじのなか」にも出荷販売している村内7名の農家さんが丹精込めてつくった新鮮な野菜を販売...
第2回有機農業公開セミナーを開催しました!
東海村農業支援センターでは,有機野菜作りのスペシャリストから,有機野菜の作り方を学ぶことができる「有機農業公開セミナー」を開催しています。 今回は,第2回目となるセミナーで,6月27日(土)に開催され,60名の方々が参加し,講義を熱心...
農機具を貸し出します
村では、農業の振興及び農作業の効率化を支...
新規就農者育成補助事業
新規就農者支援
特用林産物(山菜類、しいたけ、タケノコ)を採取する場合の放射性物質の影響
特用林産物の放射性物質の影響について紹介します。
農業振興・農地保全担当
身近なみどり整備推進事業について
平成28年度身近なみどり整備推進事業についてご案内します 茨城県では,森林湖沼環境税を活用した「身近なみどり整備推進事業」により,荒廃した平地林や里山林の手入れを進めております。 この事業では,森林所有者が費用を負担することなく村が...
農業用水等の放射性物質濃度調査結果
ため池等の放射性物質の影響を調査しました。
農用地区域で(ある/ない)旨の証明について
東海農業振興地域整備計画書による農用地で(ある/ない)ことの証明書を発行しています。
森林の土地の所有権移転等の事前届出制度について
茨城県では、平成24年10月3日付けで、...
森林の土地を取得したときは届出が必要です
平成23年4月の森林法改正により、平成2...
農業振興地域制度について
農業振興地域制度とは,「農業振興地域の整...
地域農業支援担当
東海村産の新鮮農産物に『とうかい育ち』シールを貼付しています!
村では,村内の農産物を多くの皆さんに知っていただくとともに,「地産地消」の輪を拡大していくため,村のイメージキャラクターであるイモゾーをデザインした『とうかい育ち』シール(直径4cm)を作成しました。 以下のシールが『とうかい育ち』シ...
夏休み「第5回親子収穫体験」を実施しました!
東海村農業支援センターでは,小学校1年生から3年生を対象に,本年度最後の「親子収穫体験」を実施しました。 延べ5回ある「収穫体験」ですが,最終回となる8月9日(火),この10年以上,一貫して「無農薬・無化学肥料」の有機栽培農業を貫き通...
第4回「親子収穫体験」を行いました!
東海村農業支援センターでは,夏休みに入った小学1年生から3年生を対象に,本年度4回目となる「親子収穫体験」を行いました。 延べ5回ある「収穫体験」ですが,4日目となる7月28日(木),この10年以上,一貫して「無農薬・無化学肥料」の有...
夏休み「第3回親子収穫体験」を実施しました!
東海村農業支援センターでは,夏休みに入った小学校1年生から3年生を対象に,本年度3回目となる「親子収穫体験」を実施しました。 延べ5回ある「収穫体験」ですが,3回目となる7月26日(火),石神内宿地内の大きな圃場で,夏はトウモロコシを...
夏休み「第2回親子収穫体験」を実施しました!
東海村農業支援センターでは,夏休みに入った小学校1年生から3年生を対象に,本年度2回目となる「親子収穫体験」を実施しました。 延べ5回ある「収穫体験」ですが,2回目となる7月24日(日),この10年以上一貫して「無農薬・無化学肥料」の...
夏休み「親子収穫体験」を行いました!
東海村農業支援センターでは,夏休みに入った小学校1年生から3年生を対象に,「親子収穫体験」を実施しました。 夏休み期間中に延べ5回ある「親子収穫体験」ですが,初日の7月23日(土),「無農薬・無化学肥料」の有機農業でキュウリやナス,ピ...
農業用ビニールハウスの設置に補助を行います!
村では地場野菜の出荷を推進するため,農業...
第4回有機農業公開セミナーを開催しました!
東海村農業支援センターでは,有機野菜作りのスペシャリストから,有機野菜の作り方を学ぶことができる「有機農業公開セミナー」を開催しています。 今回は,第4回となるセミナーが8月22日(土)に開催され,約30名の方々が参加し,講義を熱心に...
第1回有機農業公開セミナーを開催しました!
東海村農業支援センターでは,有機野菜作りのスペシャリストから,堆肥の作り方や有機野菜の作り方を学ぶことができる「有機農業公開セミナー」を開催しています。 第1回目のセミナーは,5月23日(土)に開催され,約60名の方々が参加し,講義を...
茨城県農産物マッチングサイトを紹介します。
※茨城県農産物マッチングサイトとは・・・。
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
農業政策課
代表電話番号:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)