このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップまちづくり・環境道路・河川> 常磐自動車道「東海スマートIC」(ETC車専用)について

常磐自動車道「東海スマートIC」(ETC車専用)について

平成21年3月29日(日),常磐自動車道・東海PA(パーキングエリア)を通って高速道路に出入りできる「東海スマートIC」(注1)が開通しました!
 
この「東海スマートIC」は,ETC(注2)システムを利用する自動車専用のIC(インターチェンジ)で,常磐自動車道とのアクセス性向上による経済活動の活性化と,「大強度陽子加速器施設(J-PARC)」等を通した広域的な人的交流促進,災害時の避難路の確保などを図るために整備したものです。
県内では「友部SA(サービスエリア)」と「水戸北」に続く3か所目のスマートIC整備となりました。
毎日の通勤・通学をはじめ,ご出張やご旅行など,車でお出掛けの際には,是非「東海スマートIC」をご利用ください。
12.png
 

「東海スマートIC」利用対象車種

「東海スマートIC」は,高速道路料金の車種区分が下記のいずれかに該当する自動車のみ,終日利用可能です
  1. 普通車
  2. 軽自動車
  3. 二輪自動車
中型車や大型車,特大車はご利用になれませんので,ご注意ください。
 
 

(注1)スマートICとは

高速道路の本線やSA・PAなどに設置される,ETC車載器を取り付けた車両専用のIC。ETC車載器にETCカードを挿入して通行します。
このスマートICは,料金徴収員が不在の簡易な料金所であり,従来のICに比較して建設・管理費が低コストで済むなどのメリットがあることから,高速道路の有効活用や地域経済の活性化推進のため,全国でその導入が進められています。

(注2)「ETC(イーティーシー)」とは

高速道路等の出入り口に設置のアンテナと車両に取り付けた車載器との無線通信によってノンストップで(※)高速道路料金を精算する自動料金収受(Electronic Toll Collection)システム。ETCは,料金所周辺の渋滞を解消し,二酸化炭素(CO2)の排出削減に有効であるとされ,全国的な普及促進が図られています。
(※)スマートICの場合は,その通行の際,ETCゲート手前で一旦停止する必要があります。

13.png


掲載日 平成21年4月3日 更新日 平成26年9月19日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
建設農政部 都市整備課
住所:
茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)