このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き防災・原子力安全計画・協定> 令和元年東海村広域避難訓練を行います。

令和元年東海村広域避難訓練を行います。

 
東海村では,原子力発電所における事故・災害により,村外への避難を必要とする事態における避難場所・方法などを定める「東海村広域避難計画」の策定を進めているところであり,本計画内容の検証と実効性の向上を図るため,原子力災害の発生を想定した本村第3回目の広域避難訓練を実施します。
 
東海村広域避難計画とは
東海村広域避難計画とは,国の「原子力災害対策指針」や「茨城県広域避難計画」と整合を図りつつ,原子力災害の発生に伴う東海村民の村外(取手市・守谷市・つくばみらい市)への避難に際して,広報の方法や移動手段,一時集合場所,避難経路,避難所等を定めるものです。

1 訓練概要

避難先自治体の一つであるつくばみらい市への住民避難活動訓練(避難先での受入れを想定した避難所設置・運営訓練)及び取手市での現地災害対策本部の設置・運営訓練を試行することにより,緊急事態の進展に応じた対応・体制を確認するとともに,住民に対する避難方法等の周知や避難の実動を通して,「東海村広域避難計画」(案)の検証と実効性向上を図ります。

2 目的・効果

(1)避難先自治体への避難(避難行動要支援者及び児童等の避難を含む)の実践による実態把握,課題の洗い出し・検証
(2)避難先自治体における避難所及び福祉避難所の設置・運営,住民避難に関する理解普及
(3)東海村現地災害対策本部の設置・運営を模擬することによる課題の洗い出し・検証
(4)東海村と避難先自治体・関係機関の連携・協力に向けた経験蓄積

3 実施日時

(1)日時

令和元年6月24日(月曜日)午前7時30分~午後3時15分(予定)
※自然災害の発生により実施が困難な場合は,延期または中止します。

(2)場所

・災害対策本部

東海村役場

・一時集合場所

1)石神コミュニティセンター
2)中丸コミュニティセンター

・小学校 

村内小学校2校程度

・避難所

1)つくばみらい市谷和原公民館

2)つくばみらい市みらい平コミュニティセンター

・東海村現地災害対策本部

取手市役所藤代庁舎

(3)訓練対象事業所・想定事象

日本原子力発電(株)東海第二発電所と調整中。

(4)訓練内容

1)職員非常参集訓練
2)災害対策本部設置・運営訓練
3)住民広報活動訓練
4)緊急時通信連絡訓練
5)住民避難活動訓練
6)安定ヨウ素剤緊急配布訓練
7)避難所及び福祉避難所設置・運営訓練
8)現地災害対策本部設置・運営訓練

4 訓練協力団体・機関

(1) 取手市,守谷市,つくばみらい市
(2) 茨城県
(3) 東日本高速道路(株)
※その他関係機関と調整中。

5 主な避難経路

(1) 東海村(一時集合場所:石神コミュニティセンター)―― 東海スマートIC(常磐自動車道) ―― 谷和原IC(常磐自動車道) ―― つくばみらい市(避難所:つくばみらい市谷和原公民館)
(2) 東海村(一時集合場所:中丸コミュニティセンター)―― ひたちなかIC(東水戸自動車道路) ―― 谷和原IC(常磐自動車道) ―― つくばみらい市(避難所:つくばみらい市谷和原公民館)
(3) 東海村(村内小学校)―― 東海スマートIC(常磐自動車道) ―― 谷田部IC(常磐自動車道) ―― つくばみらい市(避難所:つくばみらい市みらい平コミュニティセンター)

6 その他

訓練に参加する住民(村民に限る)は,自治会・自主防災組織を通じて募るほか,「広報とうかい(5月10日号)」で募集予定。
※参加には郵送による申し込みが必要です。(電話・ファクシミリ・電子メールによる申し込みはできません。)
 

掲載日 平成31年4月19日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
村民生活部 防災原子力安全課
住所:
〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)