このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

カテゴリー

トップまちづくり・環境サイエンスタウンサイエンスフォーラム> 平成29年度 TOKAI原子力サイエンスフォーラムを開催しました

平成29年度 TOKAI原子力サイエンスフォーラムを開催しました

平成29年度TOKAI原子力サイエンスフォーラム-東海村のこと 真剣に考えました-


東海村が原子力とともに歩み始めてから60年が経過しました。「科学」が進歩する中で,「科学」が社会にもたらす影響や負の遺産にも目を向けざるをえない状況になっています。東海村では,平成25年度から「社会科学の拠点づくりとオープンな議論の場づくり」に取り組んでおり,様々な立場の村民が未来のまちづくりについて議論・協働する場や多様な世代の学び場づくりを進めております。また,平成26年度からは社会科学分野の若手研究者への支援事業にも取り組んでいます。
平成29年度の採択研究は,「脱原発のソフトランディングはいかにして可能か?」,「原子力防災に市民は主体的に関与できるのか?」の2件です。

フォーラムでは,2件の研究報告を受けるとともに,「まちづくりにリスク管理の発想を」をテーマに来場者も含めてディスカッションし,科学と社会の関わりからまちづくりについて考えました。

日時:平成30年2月18日(日)13:30~15:30

会場:東海村産業・情報プラザアイヴィル(多目的ホール)

内容:地域社会と原子力に関する社会科学研究支援事業成果報告
    ▽支援事業の意義と選考結果について
     選考委員長谷口武俊さん(東京大学政策ビジョン研究センター教授)
     pdf資料(pdf 945 KB)

    ▽報告(1)「脱原発のソフトランディングはいかにして可能か?」
     湯浅陽一さん(関東学院大学教授)
     pdf資料(pdf 1.28 MB)

    ▽報告(2)「原子力防災に市民は主体的に関与できるのか?」
     城下英行さん(関西大学准教授)
     pdf資料(pdf 332 KB)

   ディスカッション「これからのまちづくりにリスク管理の発想を」
    【パネラー:谷口 武俊さん(進行),湯浅 陽一さん,城下 英行さん】
     pdf資料(pdf 199 KB)
村長あいさつ 意義と選考結果 IMG_1456
村長あいさつ
(山田修東海村長)
意義と選考結果について
谷口 武俊さん
成果報告(1)
湯浅 陽一さん
IMG_1463 IMG_1477 IMG_1479
成果報告(2)
城下 英行さん
ディスカッション ディスカッション

 

掲載日 平成30年2月19日 更新日 平成30年2月27日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
産業部 産業政策課
住所:
〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)