このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ産業・ビジネス雇用> 次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画を策定し,「くるみんマーク」を取得しよう!

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画を策定し,「くるみんマーク」を取得しよう!

『くるみんマーク』『プラチナくるみんマーク』とは


「くるみんマーク」「プラチナくるみんマーク」とは,“子育てサポート企業”として厚生労働大臣の認定を受けた証です。
 
2017くるみん10個
次世代育成支援対策推進法に基づき一般事業主行動計画を策定した企業のうち,計画に定めた目標を達成し,一定の基準を満たした企業は,申請を行うことによって「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けることができます。

平成27年4月1日からは,くるみん認定を既に受け,相当程度両立支援の制度の導入や利用が進み,高い水準の取組を行っている企業を評価しつつ継続的な取組を促進するため,新たにプラチナくるみん認定がはじまりました。

くるみん認定やプラチナくるみん認定を受けた企業は,子育てサポート企業として「くるみんマーク」や「プラチナくるみんマーク」を商品・広告・求人広告などに表示し,子育てサポート企業であることをPRすることができ,その結果,企業イメージの向上や優秀な労働者の採用・定着を図ることができます。

☆県内のくるみん認定・プラチナくるみん認定企業はこちら(茨城労働局ホームページ)から検索できます。
 

次世代育成支援対策推進法とは


次世代育成支援対策推進法は,次代の社会を担う子ども達が健やかに生まれ,育成される環境を整備するために,国,地方公共団体,企業,国民が担う責務を明らかにし,平成17年4月1日から施行されています(法律の有効期限は,平成37年3月31日まで)。

この法律において,企業は,労働者の仕事と子育てに関する「一般事業主行動計画」を策定することとなっており,常時雇用する労働者が101人以上の企業は,この計画を策定し,その旨を都道府県労働局に届け出ることが義務とされています。また,常時雇用する労働者が100人以下の企業においても,努力義務が課せられています。
 

次世代育成支援対策推進法に基づく『一般事業主行動計画』とは


一般事業主行動計画とは,次世代育成支援対策推進法に基づき,企業が従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や,子育てをしていない従業員も含めた多様な労働条件の整備などに取り組むに当たって,(1)計画期間,(2)目標,(3)目標達成のための対策及びその実施時期を定めるものです。

一般事業主行動計画の策定からくるみん認定・プラチナくるみん認定などについては,こちらの次世代育成支援対策推進法関係パンフレットをご覧ください。


☆他の企業における一般事業主行動計画の策定事例は,「両立支援のひろば」で紹介されていますので御参照ください。

☆行動計画策定の流れや,モデルとなる行動計画,策定様式は,こちら(厚生労働省ホームページ)を御参照ください。
 

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画の策定や届出,くるみん認定・プラチナくるみん認定に関する問合せ


茨城労働局雇用環境・均等室相談・指導部門

〒310-8511水戸市宮町1丁目8番31号茨城労働総合庁舎6階
TEL029-277-8295FAX029-224-6265

茨城労働局ホームページはこちらからアクセスできます。







 

掲載日 平成30年1月13日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
企画総務部 企画経営課
住所:
〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)