このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

カテゴリー

トップくらし・手続き防災・原子力安全原子力施設> 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構に対し安全管理の徹底を求める要請を行いました。

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構に対し安全管理の徹底を求める要請を行いました。

平成29年10月2日(月曜日)、東海村長から国立研究開発法人日本原子力研究開発機構に対し、東海村に置かれる同機構事業拠点における安全管理の徹底等に関する要請を行いました。

この要請は去る6月6日の同機構・大洗研究開発センター(燃料研究棟)における汚染事故や先月8日の同棟内での汚染の再発さらには18年前にJCO臨界事故があった日が9月30日であったことを踏まえて行ったもので午前10時に役場を訪れた同機構の原子力科学研究所(湊和生・所長)核燃料サイクル工学研究所(三浦信之・所長)東海管理センター(友部嘉克・センター長)の3人に対し山田村長から要請書(東海地区における安全管理の徹底について(要請))を手渡しました。

村長は、本要請書手交に際し「大洗研究開発センターにおける事故は作業員の方が内部被ばくする事態を招き非常に残念でならない。事故の背景には人ばかりではなく組織・体制的な問題があったものと認識している。先日私(村長)から役場職員に対しては9月30日のJCO臨界事故があった日を迎えるに当たり日ごろから全員が原子力防災に高い関心を持つことを促したばかりであり機構としても高いリーダーシップの下安全管理を徹底してもらいたい」と催告し次の2点を要請しました。
 

  1. 原子力科学研究所、核燃料サイクル工学研究所J-PARCセンター等東海地区に置かれる事業拠点において研究開発及び事業を進めるに当たっては燃料研究棟汚染事故の原因・背景対応状況の検証等の水平展開を図るだけでなく組織体制の見直し職員一人一人の意識改革を強力に進め何よりも安全管理を優先・徹底させること。
  2. 日本原子力研究開発機構は国内唯一の研究開発機関であるという自負の下原子力に対する信頼回復に努めるとともに地域との共生に向け他事業所の模範となるよう尽力すること。

要請文を読み上げる山田村長
日本原子力研究開発機構に対し要請文を読み上げる山田村長(左)

 


掲載日 平成29年10月2日 更新日 平成29年10月3日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
村民生活部 防災原子力安全課
住所:
〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)