このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ健康・福祉病気等への注意喚起> RSウイルス感染症

RSウイルス感染症

RSウイルス感染症が増加しています。

今年は例年よりも早く患者の報告が増加しているため、注意が必要です!

<RSウイルスとは>
RSウイルスによる急性呼吸器感染症で、毎年冬季に流行し、乳児の半数以上が1歳までに感染し、2歳までにほぼ100%の児が一度は感染するといわれています。大人になってからも、再感染を繰り返します。

<病気の特徴>
RSウイルスは、接触や飛沫(唾液など)を介して気道に感染し、2日~1週間(通常4~5日)の潜伏期間の後に、発熱、鼻水、咳などの症状がでます。38~39℃の発熱がみられることがあります。
1歳未満、特に6か月未満の乳児、心肺に基礎疾患を有する小児、早産児が感染すると、呼吸困難などの重篤な呼吸器疾患を引き起こし、入院、呼吸管理が必要となることがあります。乳児では、細気管支炎による呼気性喘鳴(息をはいている時に、ゼーゼー・ヒューヒューする)が特徴的です。
その後、多呼吸や、陥没呼吸(息を吸ったときに、のどの下や胸がペコペコへこむ)などの症状、あるいは肺炎がみられます。新生児期あるいは生後2~3か月未満の乳児では、無呼吸発作を起こすこともあります。
再感染の幼児の場合には、細気管支炎や肺炎などは減り、上気道炎が増えます。

<注意すること>
通常1~2週間で軽快しますが、免疫不全児、低出世体重児や呼吸器・循環器に基礎疾患を持つ乳幼児は重症化しやすくなるので、注意が必要です。
気管支炎の咳は気温が変化すると出やすくなるので、室温に気を付け、咳込んだときには抱っこしたり、上体を起こして背中をさすってあげたりすると少し楽になります。
また、熱があるときには水分を十分に飲ませることが大切です。たんを出しやすくする意味でも、水分補給をしましょう。
RSウイルスは、接触や飛散により感染しますので、気道分泌物の付着した物の扱いに注意し、手洗いとうがいを励行しましょう。
 

掲載日 平成29年8月25日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
福祉部 健康増進課
住所:
〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松2005
電話:
029-282-2797
Mail:
(メールフォームが開きます)