このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き防災・原子力安全計画・協定> 東海村広域避難計画策定状況説明会を開催しました

東海村広域避難計画策定状況説明会を開催しました

 

説明会「アイヴィル」

村では,原子力発電所における事故・災害により,村外への避難を必要とする事態となったときの避難場所・方法などを定める「東海村広域避難計画」を策定しているところです。この計画に向けた策定の進捗状況を説明する機会を設けました。
 東海村広域避難計画策定状況説明会では,広域避難計画(案)の内容と 平成28年5月に実施した住民意見交換会以降の進捗について,山田村長とともにご説明し,参加した方からのご質問・ご意見をお受けしました
(写真右上・右下)。その際に参加者の皆さんにお配りした資料と,質疑応答等の内容は別添のとおりです。→「関連資料」参照

 

1 日時・場所
  ○第1回 → 参加者46名

    日 時 : 平成29年3月1日(水)午後6時30分~8時20分
    場 所 : 産業・情報プラザ「アイヴィル」多目的ホール

  ○第2回 → 参加者51名
    日 時 : 平成29年3月5日(日)午前9時30分~11時45分

    場 所 : 総合福祉センター「絆」多目的ホール
ガイドブック案
 

2 説明内容

  ○広域避難の流れ,避難行動,一時集合場所,広報体制,
   避難経路,避難所等に関する説明
  (右のガイドブック(案)などの関連資料を配布しました)

  ○平成28年5月に村内の各コミュニティセンターで計6回
   開催した住民意見交換会以降の進捗状況に関する説明


説明会「絆」3 主な質疑内容
  ○ペットの同行避難
  ○外国人への情報提供

  ○交通状況のシミュレーション
  ○バス必要台数の試算と確保
  ○避難準備や避難,解除の判断
  ○避難行動要支援者への支援方法
  ○広域避難計画の策定プロセス
  ○災害対策本部の移転先
  ○病院等の放射線防護工事
  ○広域避難訓練実施の見込み
  ○避難経路の考え方
  ○高齢者や子どもたちの避難方法
  ○一時集合場所付近の道路拡幅と駐車場の拡張
  ○バス避難時におけるトイレの確保
  ○安心サポーターや自主防災組織の活動
  ○原子力災害時における広報のあり方
  ○避難後における家族の合流

掲載日 平成29年3月15日 更新日 平成29年6月21日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
村民生活部 防災原子力安全課
住所:
〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)