このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ健康・福祉予防接種> 成人用肺炎球菌ワクチンの予防接種について

成人用肺炎球菌ワクチンの予防接種について

高齢者の定期肺炎球菌予防接種

平成26年10月より成人用肺炎球菌ワクチン予防接種が定期(法定)化されました。
平成31年度からは、年度内に65歳の誕生日を迎える方だけが対象となります。
平成30年度までは、年度内に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の誕生日を迎える方が対象です。

平成30年度成人用肺炎球菌予防接種の定期接種対象者

1 平成30年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方
※過去に、肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)の接種を受けたことがある方は対象外です。
 

定期接種対象者
65歳  昭和28年4月2日~昭和29年4月1日生
70歳  昭和23年4月2日~昭和24年4月1日生
75歳  昭和18年4月2日~昭和19年4月1日生
80歳  昭和13年4月2日~昭和14年4月1日生
85歳  昭和8年4月2日~昭和9年4月1日生
90歳  昭和3年4月2日~昭和4年4月1日生
95歳  大正12年4月2日~大正13年4月1日生
100歳 大正7年4月2日~大正8年4月1日生

2 60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、もしくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる
免疫の機能に障がいを有する方

接種期間

平成30年4月1日(日曜日)~平成31年3月31日(日曜日)
 

個人負担金

上限4,000円( 医療機関の接種料金の半額 )
※生活保護を受給されている方は接種費用が免除されますので、接種前に保健センターにご相談ください。
 

接種方法

 医療機関へご予約後、「成人用肺炎球菌予防接種予診票(定期)」をお持ちになり、接種をお願いいたします。
(指定医療機関以外での接種を希望される場合は、保健センターにご相談ください)
 

同じ肺炎球菌予防ワクチンの任意予防接種(村独自制度)について

70歳以上の方で、定期予防接種の対象外の方への任意予防接種費用助成は継続して行っています。
 

任意接種について
対象者 70歳以上(接種当日)で定期予防接種の対象以外の方
※再接種をされる方は5年以上間隔をあけてください
申請方法 保健センター窓口にて申請書にご記入ください。(代理申請可)
来所が困難な方は、電話での申請も承ります。
※過去の接種歴を確認します
個人負担金 4000円
接種方法 指定医療機関へ予約後、予診票を持参の上、接種をお願いいたします。
指定医療機関についてのお問合せは保健センターまでお願いいたします。
 

【参考】

定期と任意の違い
定期(法定)予防接種 国や自治体が接種を強くすすめていて、接種することが法律で定められているもの。
予防接種の副反応により健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく給付を受けることができます。
(予防接種健康被害救済制度)
任意(法定外)予防接種 接種するかどうかは接種対象者の希望と医師の判断によって決めるもの。
健康保険の適用にはならないため、接種費用は基本的に全額自己負担。
健康被害を受けた場合には、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済を受けることになりますが、定期予防接種と比べて救済の対象、額等が異なります。
  

掲載日 平成30年4月1日 更新日 平成30年6月15日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
福祉部 健康増進課
住所:
〒319-1112 茨城県那珂郡東海村村松2005
電話:
029-282-2797
Mail:
(メールフォームが開きます)