このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ子育て・教育教育委員会> 教育長のつぶやき

教育長のつぶやき

教育長 “子どもも 大人も キラリ輝くまち”鉛筆イラスト

 みなさん,こんにちは。教育長の川﨑です。


 挨拶は,心と心をつなぐ第一歩。先ず大人からさわやかな挨拶をお願いします。


 

教育長のつぶやき(3月)

 早いもので3月,年度末となりました。3月3日(日曜日),久し振りに「真壁の雛祭り」に行ってきました。あいにくの雨模様でしたが,多くの観光客が訪れ,家々に飾られているお雛様を眺めていました。江戸,明治,大正時代など,時代時代の社会の動きや生活の様子を想像しながらそれぞれの人形の柔和な表情を眺めていると,改めて「子どもは家の,社会の宝物」であることを感じます。
 
雛祭りの前日(3月2日),生涯学習課主催の村小中学校PTA連絡協議会の役員の皆さんを対象に,「村のお宝バックヤードツアー」を開催いたしました。生涯学習課の学芸員がナビゲーターとなり,古代の東海村にタイムスリップして,現在の東海村の地形の成り立ちや人々の暮らし,塩づくりをしているムラの様子などを,クイズ形式で考えたり,出土品に触ったり,当時の人々の暮らしを模擬体験したりして楽しいひと時を過ごしました。その後,隣接する(仮称)歴史と未来の交流館建設用地を見学しました。最後に,中丸小学校の校長先生から,交流館を活用することにより「学校での学びがより生きた知識になる」という話を伺いました。すべての参加者から「参加してよかった」という感想をいただきましたが,おひとりの感想だけご紹介いたします。
◇展示物を見て大人がワクワクしました。子どもたちが歴史にふれて,見て,さわって何かを感じ取るのは大事かと思いました。もっと地域の子どもたちに見てもらいたい。
教育委員会としましては,これからも定期的に文化財バックヤードツアー等を開催するとともに,交流館の施設・活動内容等を説明していきたいと思います。
 

〔村のお宝バックヤードツアーの様子〕

文化財の解説を聞く来場者出土品を見る来場者(仮称)歴史と未来の交流館建設予定地を見学する様子

〇2月19日(火曜日),村図書館において,村小学生英語インタラクティブフォーラムが開催されました。各小学校6年生のクラス代表1名が集まり,グループに分かれて自分の趣味やスポーツについて,英語を使ってのコミュニケーション活動です。今年度で3回目を迎えましたが,進行役のNLTがリードしなくても話し合いが進んでいく様子を眺めていると,本村の子どもたちのパフォーマンスはすごいなと思いました。

〔小学生英語インタラクティブフォーラムの様子〕

説明を聞く参加者たち英語で話し合いを行う様子参加者たちによる集合写真

〇2月25日(月曜日),照沼小学校体育館において,照沼小学校4年生による小学生環境学習発表会がありました。13名の子どもたち一人ひとりがゆっくりと自分の言葉で取り組んできた内容を語る姿に,確かな教育活動がありました。総合的な学習の時間での学びを収穫祭などの行事を通しての実践,大人への呼びかけなど,生きた知識につながる発表でした。

〔小学生環境学習発表会の様子〕

環境学習発表会の看板小学生による発表の様子。プレゼンテーションはもちろん,実物を示してわかりやすく発表します。教育長の講評を聞く発表者たち
 
帰宅途中の村内小学校1年女子児童は,車が通っていなくても横断歩道を渡るときに右左右を確かめてから手を挙げて横断歩道を渡っていました。先日の放課後の出来事でしたがいい風景でした。嬉しくなりました。年度末始めは,気忙しい時期です。登校・下校時や外出時には,「交通事故に気を付けてね」とひと声かけていただければ嬉しいです。
「とび出さない いったんとまって みぎひだり」(2019年使用交通安全年間スローガン(一般財団法人全日本交通安全協会・毎日新聞社主催)こども部門内閣総理大臣賞荒川 愛梨作)



 
平成31年3月
東海村教育委員会教育長 川﨑 松男


【教育長のつぶやきバックナンバー】

掲載日 平成30年3月2日 更新日 平成31年3月15日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
行政委員会 教育委員会
住所:
〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)