このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

カテゴリー

トップ健康・福祉障がい者支援> [障害者差別解消法]が施行されました。

[障害者差別解消法]が施行されました。

障がいのある方もない方も,互いにその人らしさを認め合いながら,共に生きる社会をつくることを目指し,平成28年4月から「障害者差別解消法(正式名称:障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)」が施行されました。
この法律は,「不当な差別的取り扱いの禁止」と,「合理的配慮の提供」を定めています。
 
「不当な差別的取り扱い」とは・・・
障がいのある方に対して,正当な理由なく,障がいを理由として,サービスの提供を拒否することや,サービスの提供にあたって場所や時間帯を制限すること,障がいのない方にはつけない条件をつけること。
【具体例】
 ・お店に入ろうとしたら,車椅子のため断られた。
 ・習い事の教室などで障がいがあることを理由に入会を断られた。
 
「合理的配慮の提供」とは・・・
合理的配慮は,障がいのある方が,社会の中にあるバリアを取り除くために何らかの対応を必要としているときに,負担が重すぎない範囲で対応すること。
【具体例】
・車椅子の方が交通機関を利用するとき,手助けする。
・障がいにあわせて,読み上げや,筆談等で対応する。
 
この法律は,行政機関や民間事業者を対象としていますが,差別をなくしていくことは全ての人に求められる責務でもあります。皆さん一人ひとりが,障がいを理由とした不当な区別や制限といった差別に気づき,理解していくことが大切です。
誰もが安心して暮らせる社会を目指し,できるところから行動していきましょう。

掲載日 平成28年6月28日 更新日 平成28年7月1日