このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ村政情報人事・職員募集東海村職員採用> 次は俺たち・私たちだ!~若手職員奮闘編

次は俺たち・私たちだ!~若手職員奮闘編

現在,東海村の職員となって活躍している若手の先輩たちです。
現在の仕事や東海村職員として働いてみての感想などを聞いてみました!

 

萩野谷さん写真
~人を笑顔にできる仕事~

福祉部福祉保険課萩野谷安己帆
(平成27年度採用事務職)

私の所属する福祉保険課は,地域推進担当,国保年金担当,地域医療担当の3つの担当から成る部署です。それぞれ関わり方は異なりますが,福祉に関する業務,つまり,生活に直接関わる業務を担っています。その中でも私は,国保年金担当として業務に従事し,国民健康保険と国民年金の窓口として住民の方の生活に携わっています。また,窓口業務だけでなく,交付金の申請や国民健康保険税の通知作成,特定健診の受診勧奨や国民年金の書類受付など,東海村の国民健康保険や国民年金に関わること全般が私の仕事です。
ここまでの説明では,「仕事が多そう」「窓口もあって大変そう」と思う方もいるかもしれません。実際,色々な制度や法律を覚えながら仕事をすることは,簡単ではありません。窓口対応においても,幅広い年齢層を対象としていることもあり,言葉一つで伝わり方が変わってしまうこともあります。でも私達の仕事は「ありがとう」と言ってもらえる「やりがい」のある仕事です。私は,「誰かの役に立ちたい。人を笑顔にできる仕事がしたい。」そう思い,今の仕事に就きました。東海村役場で働くことは,必ず住民の方の役に立ちます。そして,人を笑顔にできる仕事です。そんな素敵な仕事を一緒にしてみませんか?

 

松下
~子ども一人ひとりに寄り添う~
とうかい村松宿こども園松下純
(平成27年度採用保育士・幼稚園教諭)
私は現在,とうかい村松宿こども園の年長組を担任し,毎日子どもたちと元気に楽しく生活しています。私の園は,平成27年度から宿幼稚園と村松保育所が一緒になった東海村初の「認定こども園」という新しい形の施設です。幼稚園の子どもと保育所の子どもがいて,保育時間や預ける理由などの違いなどから大変なこともありますが,一番大切なことは「子ども一人ひとりにとってどんな保育が必要か」ということだと思います。子どもが自ら楽しみながら成長できる場を設定したり,遊びを通して心や体の発達を促したりすることは,簡単ではありません。しかし,その成長を身近に感じることができたときや子どもたちが良い顔で遊んでいる姿を見ることができたときなど,この仕事に就いて良かったと思えることはたくさんあります。また子どもたちだけではなく,保護者ともコミュニケーションを取り,子どもの成長を共に喜び合うことができるのも,この幼児期だからこそだと思います。
自治体の保育士・幼稚園教諭を目指す皆さん,この仕事は,
子どもたちと全力で笑ったり,悲しんだり,悩んだり,感動したりして自分自身も一緒に成長できる素晴らしい仕事です!感性を豊かに持ち,様々な経験をして,ぜひ素敵な「先生」になってほしいと思います。応援しています!
 
東海村には,幼稚園・保育所・認定こども園といった3種類の施設があり,私は現在,須和間幼稚園で年中組の担任をしています。私は,幼稚園の頃大好きだった先生の影響で,小さいころからの夢だった幼稚園の先生となりました。なんと,東海村の職員になって最初の職場は自分の出身幼稚園!思い出の場所で働くことができました。今年度は,初めて異動を経験し,新たな環境で手探りしながら子どもたちと楽しんでいます。
子どもたち一人ひとりに目を向け,その子たちに合った保育をしていけるように心がけていますが,それは決して簡単なことではありません。そこで大切なのが,変化していく子どもたちをいろいろな視点から捉えて,考えることです。日々の中で頭を悩ませることもありますが,子どもたちと思いが通じた時,小さな成長を感じた時,ありがとうの言葉を聞いた時など,いろいろな場面でこの仕事をしていて良かったなと感じることができます。
東海村で働いてみたいと考えているみなさん,ぜひ私たちと一緒に子どもたちと楽しい毎日を過ごしてみませんか?笑顔あふれる幼稚園で会える日を楽しみにしています。
大森綾奈
~笑顔あふれる仕事場~
須和間幼稚園中野綾奈
(平成24年度採用保育士・幼稚園教諭)
 
私の部署では,文化・芸術の振興,文化財の保護・啓発,スポーツの振興を主な業務としています。その中でも,私が主に担当しているのがスポーツ分野の業務で,具体的には学校施設の開放や,全国大会に出場する方への助成金の交付,スポーツ推進委員の事務局などを担当しています。
さて,突然ですが,役場にスポーツが主担当の職員が何人いるか御存知ですか?答えは,村職員約400人中3人です。協力機関等も含めればこの限りではありませんが,たった3人で東海村3万8千人のスポーツ行政に取り組んでいます。よって入庁間もない私にもある程度仕事を任せてもらえますし,それと同時にやりがいと責任も感じます。そして,このような責任ある業務に当たる中で,私は「最先端」であることを常に意識する必要性を感じています。一般的に,市役所や役場は行政の「末端」などと言われます。しかし,地方こそが「最前線」であり,全国を牽引する原動力となるべき「最先端」であり続けることが,自治体のあるべき姿だと考えています。今は東海村民3万8千人に,最先端のスポーツライフによる潤いと活力を提供していくことを目標に日々業務に取り組んでいます。
最後に,ここまで読んで何か感じていただけたでしょうか?胸に熱い何かを感じたあなた!一緒にその気持ちを形にしていきましょう!
有村
~最前線で最先端な仕事を~
教育委員会生涯学習課有村嘉透
(平成26年度採用事務職)

掲載日 平成28年6月13日 更新日 平成29年6月7日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務部 人事課
住所:
〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)