このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ村政情報人事・職員募集東海村職員採用> 輝け!オールドルーキーズ~社会人経験者編~

輝け!オールドルーキーズ~社会人経験者編~

学校を卒業して社会人として様々な仕事を経験した後,東海村の職員となって活躍している先輩たちです。
現在の仕事や東海村職員として働いてみての感想などを聞いてみました!

 

現場写真
~東海村だからこそ出来る仕事がある~

建設農政部区画整理課田口淳美
(平成28年度採用土木職)

私が所属する区画整理課では,宅地造成や道路築造,雨水排水管などのインフラを整備し,住民の方々の生活環境を整えています。
入庁前は民間企業で住宅関係の仕事をしており,お客様からの要求を受けて,サービスを提供していました。しかし,いまの仕事は住民の方が平等に,快適な生活を送れるよう,自分からアクションを起こすことが出来ます。これは,行政ならではの仕事であり,最大の魅力だと思います。
ここ数年,区画整理課では東海村で初めての橋梁工事や,駅前広場再整備工事など,大規模な工事を行っています。1年目だった私にも,いくつか現場を担当させていただきました。上司や先輩方に支えていただきながらではありますが,若手にも成長のチャンスを与えてくれる職場なので,日々の業務にやりがいを感じています。
また,はじめは転職に不安があると思いますが,役場では年齢や経験を問わず,同期ができます。共にスタートを切った仲間が居ることは心強く,仕事やプライベートの話が出来る大切な存在です。
決して規模は大きくない東海村ですが,だからこそ出来る行政の仕事があります。
皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

 

nakajima
~住民をサポートしている実感がやりがいに~
福祉部健康増進課中島愛実
(平成23年度採用保健師)
私は,現在健康増進課(保健センター)に在籍し,主に特定保健指導や健康教育,ウォーキング活動など,住民の健康保持・増進のための業務に携わっています。担当業務の他にも,保健センターでは,母子保健業務における乳幼児健診や,相談業務,予防接種業務など,様々な業務を実施しています。日々の相談業務のなかで,「聞いてもらったら気持ちが軽くなった」など,住民の方から声をかけていただいた時は,とてもやりがいを感じます。
また,私は以前,看護師として病院で勤務していましたが,今は病院から退院後の生活を支えたり,普段病気をしていなくても,いきいきと毎日の生活を送ることが出来るようサポートしたりと,住民の方の生活に入りながら業務を行っている事にも日々やりがいを感じています。
このように,私が仕事にやりがいを感じながら楽しく業務にあたることが出来ているのは,職場の上司や先輩保健師のおかげです。私が悩んでいる時など,いつでも相談にのってくださり,アドバイスや助言をくださるので,自信を持って業務が出来ています。
保健師は1つの分野だけではなく様々な分野に携わることができ,自分自身の成長にもつながる,とても魅力的な職種です。みなさんも一緒に働いてみませんか。
 
私からは、6年間の民間経験を踏まえ、また、入庁12年目の今思う、求められる土木職の姿を述べてみたいと思います。
今取り組んでいる事は、42年前に造られた東海駅西口の駅前広場の再編計画です。“東海いきたうん構想”と銘打って、活き・生き・意気・粋の4つのコンセプトに基づいた、人が主役の活き生きタウンを考えました。例えば、駅前大通りを4車線から2車線にし、歩道を広げ、自転車専用通行帯を造り、さらに、広場内に老若男女がたたずむことのできる“いこいの広場”を設けました。2年かかったこの計画で、来年度の着工が決まりました。
私の思う土木職の役割とは、社会情勢の変化に対応した新しい行政の方向性、いわば“まちの将来像”を導くことにあると考えています。また、土木職は一般的に専門知識が必要であると考えられてきました。専門力はあればいいことに変わりありませんが、しかし、それよりも大切なのは現状を把握し、実行できる「人間力」だと感じています。震災復興を経験した今、改めて必要だと思うのは、専門分化されたヒト・モノ・カネをコーディネートできる熱い人材です。
まちづくりを主導すべきは土木職であり、天職として全うできる職業と考えています。土木職の人材不足が叫ばれている今、求められているのはあなたです。次はあなたの番です。
大山
~土木職がまちをつくる~
建設農政部区画整理課大山丈吉
(平成17年度採用土木職)
 
東海村内には学校,コミュニティセンター等の公共施設が多数あります。その施設を職員や利用者が安心・安全に使っていただくために維持,修繕,改修のアドバイスや工事を担当するのが建築職です。工事は自分で設計し,施工業者との綿密な打ち合わせや現場の監督までおこないます。
また,設計・工事ばかりでなく住まいに関する相談窓口を通して,住民の方の心配事を解消できるようアドバイスもおこなっています。
私には家族があり,しかも30歳半ばでの転職でしたので,とても不安はありましたが,設計事務所やゼネコン等様々な職種出身の先輩方のサポートにより建築の知識の幅を広げることができ,楽しく充実した日々を過ごすことができています。
建築職は,新築工事のような地図に残る工事ばかりでなく,安心・安全を提供するため,避難所となる施設の改修工事等,種類・規模も様々で,専門的で難しい判断をしなければならない事もありますが,達成感やりがいを感じられる職種だと思います。
皆さん,東海村のために一緒に楽しく仕事をしましょう。
小坂部
~安心安全なまちづくりを目指して~
建設農政部都市整備課小坂部和人
(平成24年度採用建築職)

掲載日 平成28年5月30日 更新日 平成29年5月31日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務部 人事課
住所:
〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)