このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

カテゴリー

トップ産業・ビジネス農業> 伐採及び伐採後の造林の届出について

伐採及び伐採後の造林の届出について

森林を伐採するときは「伐採及び伐採後の造林の届出書」を提出してください。

私たちの生活になくてはならない貴重な財産である森林を無秩序に伐採することには,森林の多様な機能を損なうだけでなく,様々な災害を引き起こすなど,私たちの生活に多大な影響を及ぼします。
そのために森林法では,地域森林計画対象民有林(5条森林)において,伐採及び伐採後の造林が適正に行われるように,樹木の伐採前に「伐採及び伐採後の造林届出書」を市町村長に提出しなければならないことになっています。
平成28年5月の森林法改正により,平成29年4月以降,伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行った方は,事後に市町村長への伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告が必要となりました。

伐採及び伐採後の造林届出書は,伐採を行う森林の所在する市町村長へ,伐採を開始する日の30日前までに提出することになっています。さらに,伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書は,造林を完了した日から30日以内に提出することになっています。

伐採及び伐採後の造林届出書の提出を怠ると森林法により罰せられます。また,届出書を提出していても,届出内容と異なる行為を行った場合は罰せられます。

1haを越える森林の開発を行う場合は,別に県知事の許可を受けなければなりません。
詳しくは,茨城県ホームページの「林地開発許可制度」をご覧ください。

様式一覧


○伐採及び伐採後の造林届出書の様式
WORD 伐採及び伐採後の造林の届出書(WORD 49.50 KB)
WORD 小規模林地開発概要書(WORD 34.00 KB)
doc伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書(doc 34 KB)


掲載日 平成28年3月17日 更新日 平成29年10月2日
【アクセス数