このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

カテゴリー

トップ健康・福祉介護保険> 介護保険負担割合証が交付されます

介護保険負担割合証が交付されます

一定以上の所得のある方は、介護サービス利用時の負担割合が2割になります

 介護サービス利用料の負担は、これまで所得にかかわらず一律で1割の負担となっておりましたが、この度の介護保険制度の改正に伴い、平成27年8月1日から、一定上の所得のある方には介護サービスの2割をご負担いただくことになります。-
 このため、8月からは個々の負担割合(1割または2割)が標記された「負担割合証」が交付され、サービスを利用する際は、事業所等へ被保険者証と併せて提示が求められます。
 
 ※今年度から毎年7月下旬に、要支援・要介護認定を受けている方に対して、新たに「負担割合証」が送付されます。


<2割負担となる方>

 65歳以上の方で、昨年の合計所得が160万円以上の方です。(単身で年金収入のみの場合、年収が280万円以上)
 ただし、合計所得金額が160万円以上であっても、実際の収入が280万円に満たないケースや65歳以上の方が2人以上いる世帯で収入が低いケースがあることを考慮し、世帯の65歳以上の方の「年金収入とその他の合計所得金額」の合計が単身世帯で280万円未満、2人以上の世帯の場合で346万円未満の場合は1割負担となります。


 ご質問・ご不明な点などございましたら、介護福祉課 介護保険室(電話029-282-1711 内線 1162、1163)までお問い合わせください。  

掲載日 平成27年7月3日
【アクセス数