このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

カテゴリー

トップくらし・手続き防災・原子力安全防災対策> 照沼区で防災訓練を実施しました。

照沼区で防災訓練を実施しました。

平成27年2月22日(日)に照沼区自主防災組織の主催で防災訓練を実施しました。
朝9:00の消防団による地震発生の広報を合図に,参加者が各自宅でシェイクアウト訓練を行った後,照沼小学校に避難してきました。
雨がぱらつく場面もあり,身体の芯まで冷えるような寒さでしたが,みなさん「災害はいつどこで発生するかわからない!」と意気込んで熱心に訓練をしていました。


IMG_9647 IMG_9640
↑参加者が続々と避難してきます。受付でチェックシートに避難ルート,所要時間,シェイクアウト訓練や隣近所への声かけの実施についての有無などを記入しました。
IMG_9650 IMG_9661
↑消防団と自主防災組織のリヤカーで避難行動要支援者(役)の住民を迎えに行きます。消防団員の方によると「リヤカーがしっかりしているので2人乗せても3人で運搬すると軽い。だけどやっぱり登り坂はきついね。」とのことでした。
IMG_9718 IMG_9641
↑自主防災組織のリヤカーと非常用発電機,投光機です。自主防災組織の災害への備えも徐々に整備されてきています。
IMG_9671 IMG_9683
↑村職員から備蓄についての話とシェイクアウト訓練の説明を受けています。その後,参加者全員でシェイクアウト訓練の「体勢を低く,頭を守り,動かない」という行動を実践しました。
IMG_9688 IMG_9700
↑消防本部の職員から消火器の使い方の説明を受けています。消火器を使うと消火剤が舞い上がって周囲が見えなくなってしまうので,必ず退路を背にしてすぐに逃げられるようにして使用するのが大切です。
IMG_9705 IMG_9721
↑「煙の中は何も見えず,壁づたいに歩くしかなかった」とのことでした。
↑非常用持出品を持って避難することは重要ですね。
自治会の住民の皆さんによる「共助」と,行政による「公助」の連携を確認しながら訓練を行いました。
村では,今後も地域とともに防災訓練の実施や自主防災組織の活動に積極的に取り組んでいきます。 
また,地域での防災訓練についてのご相談は防災原子力安全課(役場5階,029-282-1711)までお問い合わせください。

掲載日 平成27年2月23日 更新日 平成27年2月24日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
村民生活部 防災原子力安全課
住所:
〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)