このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

カテゴリー

トップ健康・福祉障がい者支援> 平成27年1月1日から難病の方への新たな医療費助成制度が始まります

平成27年1月1日から難病の方への新たな医療費助成制度が始まります

 平成26年5月30日に「難病の患者に対する医療等に関する法律」が公布されました。
それに伴い、平成27年1月1日から新たな難病の医療費助成制度が始まります。
 これまでの制度(特定疾患治療研究事業)から変わる大きく変わる点は、以下の3点です。

○難病医療費助成制度の変更点

  (1)月額自己負担限度額の金額・算定方法が変わります

  (2)指定医療機関や指定医制度が導入されます
 

  (3)医療費助成の対象疾病(指定難病)が拡大されます
 
    
医療費助成の対象となる疾病名はこちらをご覧ください→110疾病

 
 
新制度
(平成27年1月1日から)
これまでの制度
(平成26年12月31日まで)
医療費負担割合 2割
(現在1割の方は変更なし)
3割
自己負担上限額(月額) 算定対象者:医療保険上の世帯の市町村民税(所得割)
月額:0円~30,000円
算定対象者:生計中心者の所得税
月額:0円~23,100円
指定医療機関 県が指定した医療機関のみ医療費助成の対象 いずれの医療機関でも医療助成の対象
指定医 県が指定した医師のみ臨床個人票の記載が可能 医師であれば誰でも臨床個人票の記載が可能
医療費助成対象疾患 110疾患
(平成27年7月頃から約300疾患に拡大予定)
56疾患

 
○難病対策についてはこちらをご覧ください→
厚労省難病対策について


【問い合わせ】
ひたちなか保健所 健康指導課 029-265-5647





 

掲載日 平成26年1月5日 更新日 平成26年1月6日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
福祉部 介護福祉課 障がい支援担当(なごみ総合支援センター)
住所:
〒319-1118 茨城県那珂郡東海村舟石川駅東三丁目9番33号
電話:
029-287-2525
Mail:
(メールフォームが開きます)