このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き健康保険・年金> 国民健康保険税の納付方法について

国民健康保険税の納付方法について

国民健康保険税の納付方法は,平成28年度から口座振替が原則となりました。現在納付書で国民健康保険税を納めている世帯の方や新たに国民健康保険に加入する世帯の方は,口座振替の利用をお願いいたします。
国保料(税)ポスター

納付の方法

国民健康保険税の納付方法は,「普通徴収」と「特別徴収」があります。年金天引きの方は「特別徴収」に該当し,それ以外の方は「普通徴収」に該当します。
「普通徴収」の方は指定いただいた預貯金口座から自動引落しで納付する「口座振替」をご利用ください。事情により口座振替が利用できない場合は,役場から送付された納付書による金融機関やコンビニエンスストア等での納付となります。
 

口座振替について

東海村では一年分の保険税を,7月から翌年の3月にかけて,9回(期)に分けて振り替える「期別振替」を行っています。
保険税額は納税通知書でお知らせしますので,納期限間近になりましたら口座残高の確認をお願いします。振替結果は預貯金通帳への記帳によりご確認ください。
 
【口座振替ができる金融機関等】
常陽銀行,筑波銀行・茨城県信用組合・水戸信用金庫・中央労働金庫(以上の東海村・水戸市・ひたちなか市,那珂市,日立市及び常陸太田市の各本店・支店),常陸農協東海支店,ゆうちょ
 
【口座振替の申込手続き】
平成28年4月から,「ペイジー口座振替受付サービス」を開始しました。届出印不要・キャッシュカードのみで,役場で手続きが可能なサービスです。詳細は,こちら「ペイジー口座振替受付サービス」のページをご参照ください。
また,ペイジー口座振替受付サービスのほか,従来どおり,役場住民課又は村内の金融機関等に備え付けの「口座振替依頼書」を金融機関窓口へ提出することによる申込手続きもできます。
 
【口座振替(引落し)による期別納付】
毎月10日までに申し込まれると,翌月の納期限から引落しが開始される予定です。申込日によっては当月分のほか翌月の納期限分も,窓口で納付いただく場合があります。
また,口座の残高不足,その他の理由で引落しができなかった場合には,再度の引落しはいたしません。納付書が添付された督促状をお送りしますので,納付期限までに必ず納付してください。
 
【口座振替をご利用のみなさまへ】
口座名義人の方が後期高齢者医療制度に加入,またはその他の理由により国民健康保険の脱退をされても,同じ世帯のご家族の方が国民健康保険に加入されている場合,そのご世帯の国民健康保険税は引き続き,同じ口座から引き落とされます。振替停止,または口座を変更する場合には,役場住民課へご連絡ください。
 

特別徴収について(年金からの天引き)

国民健康保険税における「特別徴収」とは,支給される年金から天引きにより国民健康保険税を納めていただく納付方法です。

【特別徴収の対象世帯】
原則として,次の(1)から(4)のすべてに当てはまる世帯が対象となります。
(1)世帯主が国民健康保険の加入者であること。
(2)世帯内の国民健康保険に加入している方全員が65歳以上75歳未満の世帯であること。
(3)世帯主の年金受給額が18万円以上であること。(複数の年金を受給している場合,介護保険料を特別徴収される公的年金のみが対象となります。)
(4)国民健康保険税と介護保険料を合わせた額が年金額の2分の1を超えないこと。
 
【特別徴収となる世帯には】
特別徴収となる世帯には徴収開始前にあらかじめ(7月中旬)ご案内のハガキを送付します。
特別徴収になった世帯も,国民健康保険に未納がない場合は,申請により口座振替を選択することができます。

掲載日 平成28年10月25日 更新日 平成30年8月23日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
福祉部 住民課 保険年金担当
住所:
〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)