このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップまちづくり・環境都市計画> 大規模開発行為や大規模建築物を建築する際には

大規模開発行為や大規模建築物を建築する際には

東海村内で、大規模開発行為(面積1000平方メートルを超えるもの)や大規模な建築物を建築するときは、「東海村開発行為等に関する指導要綱」の適用を受けることとなります。事業を行う前に当該地区の自治会長や周辺住民への説明が必要となりますので、必ず都市整備課建築担当と事前相談を行ってください。
 
【指導要綱の適用を受けるもの】

・大規模開発行為等を行う場合。(都市計画法第29条第1項または第43条第1項の許可を要するもので、
  面積が1000平方メートルを超えるのもの)

・建築基準法第2条第1号及び第2号に規定する建築物のうち,中高層建築物又は学校,幼稚園,保育所,
 病院施設の敷地境界線から周囲100メートル以内で,風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する
 法律第2条に規定する施設,ボーリング場,ゴルフ練習場,ビリヤード場,バッティングセンターその他
 これに類する施設を建築する場合。

・地盤面からの高さが10メートルを超える建築物(第1種低層住居専用地域及び第2種低層住居専用地域にあっては,
 軒の高さが7メートルを超える建築物又は地階を除く階数が3以上の建築物)を建築する場合。

掲載日 平成25年9月24日 更新日 平成27年11月12日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
建設農政部 都市整備課
住所:
〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)