このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

カテゴリー

トップくらし・手続き防災・原子力安全防災対策> 豊岡区・亀下区で合同避難訓練を実施しました

豊岡区・亀下区で合同避難訓練を実施しました

平成25年6月16日(日),豊岡区・亀下区合同で,大規模地震に伴う津波の発生を想定した避難訓練を行いました。

小雨の降る中,豊岡区123名,亀下区103名,あわせて226名が参加し,常会長宅や集会所から徒歩(災害時要援護者は自家用車)で白方コミセンへ向かいました。避難にあたっては,ひたちなか西警察署や消防団の避難誘導を受け,人を乗せたリヤカーを引いたり,非常持出袋を背負って避難したりと,災害時を想定した避難訓練ができました。

 

豊岡区避難風景1.jpg 豊岡区避難風景2.jpg

【豊岡区 避難風景1】             【豊岡区 避難風景2】  

亀下区避難風景.jpg 警察,消防署,消防団の皆様.jpg

【亀下区 避難風景】                【協力していただいた警察,消防団の皆様】

 

コミセンに避難した後は2班に分かれて,備蓄倉庫や防災資機材の見学,初期消火訓練を行いました。

備蓄倉庫の見学では,消防防災課の職員が備蓄倉庫や防災資機材について説明を行い,参加者は発電機の運転や折りたたみ式リヤカーの組立を実践しました。

 

発電機の運転.jpg リヤカーの組立.jpg

【発電機の運転】                【リヤカーの組立】

 

消火器による初期消火訓練では,東海消防署員から初期消火について説明を受け,実際に水消火器を使用して模擬消火訓練を行ったほか,住宅用の火災報知機について説明を受け,火災予防の意識を高めました。

 

初期消火活動の説明.jpg 消火訓練.jpg

【消防署員による初期消火活動の説明】      【消火訓練】

 

訓練に際して,東海消防署,東海村消防団,ひたちなか西警察署の皆様にご協力いただきました。ありがとうございました。

 村では,今後も地域とともに防災訓練の実施に積極的に取り組んでいきます。

掲載日 平成25年6月18日 更新日 平成26年7月31日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
村民生活部 防災原子力安全課
住所:
〒319-1192 茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
電話:
029-282-1711
Mail:
(メールフォームが開きます)