このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

カテゴリー

トップ産業・ビジネス農業> 特用林産物(山菜類、しいたけ、タケノコ)を採取する場合の放射性物質の影響

特用林産物(山菜類、しいたけ、タケノコ)を採取する場合の放射性物質の影響

特用林産物(山菜類、しいたけ、タケノコ)を採取する場合の放射性物質の影響についてお知らせします。
 
昨年3月の福島原発事故による放射性物質の影響が、山菜類等にも出ています。
茨城県が実施している山菜類に対する検査結果の概要は、次の表のとおりです。
 
品目
茨城県内の状況
備考
山菜類
一部地域で検出、出荷自粛
 
原木しいたけ
一部地域で検出、出荷自粛、出荷制限
 
菌床しいたけ
一部地域で検出 
 
たけのこ 一部地域で検出、出荷自粛、出荷制限 東海村は出荷制限(H24.4.18)
出荷制限解除(H27.9.11)
 
時期的に山菜採りが盛んになる季節です。
個人用、販売用にかかわらず、国、県、東海村のホームページで、放射性物質の影響を確認しましょう。
 
―――――――――茨城県から通知があった留意点――――――――――
 
1.野生の山菜を採取する場合の留意点
 国や県のホームページ等で、山菜の検査結果や山林に関する情報を確認しましょう。
 出荷制限や出荷又は販売自粛が出ている市町村では、野生の山菜の採取は控えましょう。
 
2.販売を目的に野生の山菜を採取する場合の留意点
 出荷の前に放射性物質の自主検査をしましょう。
 (基準値 1kg.当たり100ベクレル)
 基準値を上回る食品は、回収が必要です。
 (食品衛生法第11条第2項
 
―――――――――参考ホームページ――――――――――――――――
 
○東海村
  
 
○栃木県
 
○厚生労働省
 
 

掲載日 平成24年4月20日 更新日 平成27年12月1日
【アクセス数