このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

カテゴリー

トップ健康・福祉介護保険> 介護保険の住宅改修を申請するには

介護保険の住宅改修を申請するには

介護保険の住宅改修は,住みなれた地域や住まいに安心して安全に住み続けるため,住居環境を整えるサービスです。
申請にあたっては,事前にケアプランを作成しているケアマネージャーにご相談ください。
 
1住宅改修の種類
(1)手すりの取付け
(2)段差の解消
(3)滑りの防止や移動の円滑化のための床や通路面の材料の変更
(4)引き戸への扉の取替え
(5)和式便器から洋式便器への便器の取替え
(6)その他(1)から(5)の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

2住宅改修費の支給限度基準額
20万円まで

(例)改修に要した費用が20万円の場合,そのうち9割(18万円)が保険で支給され,自己負担は2万円です。20万円を超える場合,超えた分は全額自己負担となります。

3申請に必要な書類
《事前に提出する書類》
(1)「介護保険住宅改修費支給申請書」(別添の様式)
(2)「工事費見積書」または「工事費内訳書」(被保険者名義)
・工事を行う箇所や内容,規模を明記し,材料費や施工費,諸経費などを適切に区分してください。
・介護保険の住宅改修費の支給対象とならない工事の費用が含まれる場合は,支給対象部分に係る費用を明示してください。
(3)「住宅改修が必要な理由書」(別添の様式)
・介護保険のサービスを利用している場合は,ケアプランを作成しているケアマネージャー(介護支援専門員)が記載します。
・訪問介護や通所介護など,住宅改修以外の介護保険サービスを利用していない場合は,地域包括支援センター(電話029-287-2516)の担当者が記載しますので,お問い合わせください。
(4)「住宅改修の完成予定の状態がわかるもの」(住宅の見取図と改修前の写真)
・見取図には被保険者本人の居室と改修箇所を明示してください。
・改修箇所ごとに,改修前の写真(日付の入ったもの)に完成予定の状態を記入し提出してください。
(5)「住宅所有者の承諾書」(別添の様式)いもジィ&なごみチャン-72.jpg
・住宅所有者が被保険者本人の場合は必要ありません。
(6)「委任状」(別添の様式)
・振込口座が被保険者本人の場合は必要ありません。
《工事完成後に提出する書類》
(7)「住宅改修に要した費用に係る領収書」(被保険者名義)
(8)「工事費内訳書」(被保険者名義)
・事前に提出済みの場合は不要です。
・変更が生じた場合は再提出してください。
(9)「住宅改修の完成後の状態を確認できる書類等」(改修後の写真)
・改修の箇所ごとに改修前の写真と同じ構成で撮影した改修後の写真(日付の入ったもの)を提出してください。
 
4現地調査
住宅改修の内容によっては,担当者が現地を調査させていただく場合があります。
 
詳しくは,村介護福祉課介護保険担当(電話029-287-0837)までお問い合わせください。

掲載日 平成22年3月15日 更新日 平成30年8月8日
【アクセス数