このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ >  くらし・手続き >  税金 >  固定資産税・都市計画税

固定資産税・都市計画税

固定資産税・都市計画税
前ページ 1 2 次ページ
生産性向上特別措置法による固定資産税(償却資産)の特例について 企画総務部 税務課 資産税担当
生産性向上特別措置法により,中小事業者等が本村の認定を受けた先端設備等導入計画に基づき平成30年6月6日から令和3年3月31日までに新規取得した一定の設備について,固定資産税の課税標準が3年間ゼロになる特例を受けることができます。 ...
空き家等に関するリーフレットを作成しました。 建設部 都市整備課
空家等対策計画の策定に伴い、適正管理を促進するため、リーフレットを作成しました
中小企業等経営強化法に基づく固定資産税の特例について 企画総務部 税務課 資産税担当
中小企業等経営強化法に基づき,中小事業者等が一定の要件を満たして新規取得した機械及び装置について,固定資産税の課税標準の特例を受けることができます。 対象となる方 経営力向上計画の認定を受けた中小事業者等(資本金が1億円以下の...
太陽光発電設備に係る償却資産(固定資産税)の申告について 企画総務部 税務課 資産税担当
太陽光発電設備は償却資産(固定資産税)の申告対象となる場合があります。申告対象となる設備の区分等については,下記をご確認ください。 償却資産とは 償却資産とは,法人や個人で店舗や工場,不動産業等の事業を営んでいる方が,...
平成31年度分 償却資産の申告について
申告期限は,平成30年1月31日(水)です。
再生可能エネルギー発電設備(太陽光発電設備等)に係る固定資産税の特例について 企画総務部 税務課 資産税担当
再生可能エネルギー発電設備について,固定資産税の課税標準の特例を受けることができます。
住宅用家屋証明の発行について 企画総務部 税務課 資産税担当
住宅を取得した個人が居住し,一定の要件を満たした家屋については,登記の際にかかる登録免許税が軽減されます。
茨城産業再生特区に係る固定資産税の課税免除について
茨城産業再生特区に係る固定資産税の課税免除について
震災による固定資産税等の特例 企画総務部 税務課 資産税担当
要件を満たす方は申請により平成24年度以降の固定資産税及び都市計画税が軽減されます。
前ページ 1 2 次ページ